Londonのたからもの

uktakara.exblog.jp
ブログトップ

二度目のパリ Part3 sanpo

2月24日(火)、3日目。

前日の晩、そこそこ飲んだにも関わらず頑張って起きたのは、朝市を見に行くためです。

ホテルの最寄り駅であるモベール・ミュチュアリテ MAUBERT MUTUALITEのすぐ駅前で、
こぢんまりとした市が立っていました。

乳製品、果物から、新鮮な魚介、パンまで。
c0153330_7522664.jpg

c0153330_753038.jpg
c0153330_7532283.jpg
c0153330_7534360.jpg

朝のまだ静かな通りを歩いて南の方へ進み、友人が「パリの祖師谷商店街」というムフタール Mouffetard 市場へ。
さほど広くはない通りの両端に、食料品などのお店がぎっしりと並んでいます。
c0153330_755589.jpg

開店準備中のワイン屋さん。
c0153330_7553968.jpg

さりげないのに、なんだかおしゃれ016.gif

これはチョコ屋さんだったかな?
c0153330_7562562.jpg

お肉屋さんも品揃え豊富。
c0153330_7565348.jpg

軒先では鶏が油をしたたらせながらグルグル回り、その下にポテトが待ち構えてます。
c0153330_7572183.jpg

ものすんごくいい匂い。

ウニだって!
c0153330_7574316.jpg

この右下にいたカニさんはぶくぶく泡吹いてました。

否応なく食欲が刺激されたところで、商店街を抜けたところにあるパン屋さん。
友人が前回来て、イチオシのお店がこちら。
Le boulanger de monge
c0153330_7583315.jpg

「パリで一番」なんて評判も聞こえる、超~有名なパン屋さんだそうです。
私はビーフのバゲットサンドとパン・オ・レを買いました。
c0153330_80182.jpg

く~っ、私の、ばかばかばかっ!!!
よりによって写真がボケてますが、このサンドイッチが美味しかった!
肉のうまみと程よい硬さのパン。
かじりつくことを止められない。
歩きながら完食。。。

どうやらこの店を作ったドミニク・サブロンさんのお店、日本に進出しているらしいです。
赤坂サカスにあるル・ブーランジェ・ドミニク・サブロンというお店。
マキシム・ド・パリがやっているそうですよ。

昼ごはんを食べようと店に入ることも忘れ、7号線でシャトレ CHATELETへ移動。
ここでも私はパン屋さんを探しました。
昨年末にここらへんを通りかかった際、店の外まで行列が出ていたお店。
BOULANGERIE JULIEN
c0153330_812989.jpg

ここは1995年のバゲットコンクールで優勝、その後も入賞を繰り返しているということが、ウィンドーからもバッチリ分かります。
c0153330_82061.jpg

さすがにおなかが膨れていたので、細いパンを一つだけ買いました。
c0153330_822787.jpg

美しく開いたクープって、芸術的。
少し硬かったけど、うん、美味しかった049.gif

そこからレ・アル LES HALLESまで歩いて、たどり着いたのは人呼んでパリの合羽橋038.gif
お菓子作りの道具などを売るお店がいくつもあります。

MORAはマトファーなどの製菓用品を扱う超有名なお店。
c0153330_864887.jpg

中にはお一人、日本人の女性の店員さんがいらっしゃいました。
昨年からパン作りやお菓子作りを始めて、どうしてもこうしてもこのお店に来たかったんです。。。

店内は確かに合羽橋ばりの豊富な品揃え。
このときの為替(1ユーロ=125円前後)だと、日本で買うよりも安く買えました。
ここでの注意点は、
・外税のようで、最後の精算時に2割弱の税金が加わります。
・店に入って右のカウンターに買いたい物を渡すと、レシートをくれる。
それを持って、反対側のカウンターで支払をして、その後元のカウンターで品物を受け取る仕組みです。


しかし!
買い物カゴに入れたはずのクッキーカッター2個、カウンターのお兄さんは見落としたに違いない。
うっかりその場で気づきませんでしたが、レシートにも打たれておらず、当然品物もありませんでした。
くやしーーーーーーーーーーーー!
教訓。
細かいものを買ったときは、全部の品物が入っているかチェックしましょう。

次のLA BOVIDAは3フロアに分かれていました。
c0153330_885819.jpg

3階には、お鍋もお皿もギッシリ。
c0153330_87285.jpg

c0153330_875440.jpg

お料理の本なども置いてあります。
ル・クルーゼも、色が限られていましたが結構安かった気がする。

A.SIMONは食器が多かったかも。
c0153330_883644.jpg

店頭には少し安くなってる品物もありました。

E.DEHILLERINは、倉庫みたいな感じ。
c0153330_810084.jpg

1階にはお菓子の型など、地下には給食サイズの寸胴鍋がありました。

なんとな~くですが、ここは少し居心地が悪かった。
値段を尋ねたアジア顔の店員さんはちゃんと答えてはくれたのですが、慇懃無礼っぽく感じたのは私だけか。
別の店員さんは「日本人がどうこう」みたいなことを大きな声で喋っていて、
まったく内容は分からないのだけどあまりいい雰囲気ではなかった。
気のせいだといいのだけど・・・・・・・。

ちょこちょこと買い物しつつ、ここまで一気に駆け抜けました。
私たちの貪欲なまでのお買い物熱はますますヒートアップ066.gif
この日まで既に各地で2回も入っている愛するスーパー、モノプリ MONOPRIXに、最終決戦を挑みにいきました047.gif

・・・と、その途中。
振り返ったらキッチン用品のお店を発見。
Kitchen Bazaar
c0153330_8112124.jpg

ここ、穴場でした。
決して広くはない店内だけど、ポップな商品が並んでいます。
中には日本のメーカー、マーナの商品も置いてあってびっくりしました。

ここで私は念願のサラダ・スピナーとシリコンのスパチュラをゲット。
店員のお兄さんも優しくて、クリステルのお鍋の説明をしてくれたり、
「日本の商品はとても便利で好きだ」
な~んて、お兄さん、嬉しいじゃないの。

さ、早く早く、モノプリに。
・・・と、その途中、またもやこんなアーケードを発見。
c0153330_812267.jpg

入口には「ギャルリー・ヴィヴィエンヌ」とあります。
ガイドブックによればこの手の商店街はセーヌ右岸に点在するそうで、19世紀に作られた当時は流行の発信地でもあったのだそうです。
c0153330_813756.jpg

渋い。

ようやく目的地のピラミッド PYRAMIDESにあるモノプリは、今まで入ったモンマルトルとサンジェルマン・デ・プレの店の比にならないくらい大きかった!
ひゃっほーーーーー!070.gif

1階の衣料品売り場では、自然と二人で別行動。
気に入った洋服を何着も持って試着室に入り、出てきて取捨選択し…を繰り返し、完全にバーゲン会場と勘違いした動き。
食料品も2フロアに分かれてて、お土産をどさどさとカゴに放り込み、
(・・・っつっても、ジャムやらお菓子やらですけど)、
店を出た頃はとっぷり日も暮れて、心地よい疲労とともに訪れる腹ペコ感。

チンするデリも美味しいよ~067.gif
c0153330_8135462.jpg

[PR]
by takaramono5898 | 2009-03-03 08:21 |   └ フランス