Londonのたからもの

uktakara.exblog.jp
ブログトップ

イギリス仕込み!スコーンの作り方

先日のお惣菜パーティー@サウサンプトンでは、粉モノ系をいろいろと作り倒しました。

そのときに教わったシンプルなスコーンがこちらです。
友人の旦那様のお母様(=イギリス人)から教わったレシピを、キリのいい分量に少し手直ししました。

【材料 5.5cm丸型 6個分】
小麦粉 200g
ベーキングパウダー 小さじ1
(あれば、上記の代わりに、セルフレイジングフラワー200g)
バター(or マーガリン) 50g
砂糖 50g
牛乳 80ml

【作り方】
1) オーブンを220度に予熱し始める

2) 材料を予め計量しておく。小麦粉とベーキングパウダーはボウルの中でよく混ぜておく。
セルフレイジングフラワーを使う場合は、そのままボウルに入れるだけ。

3) マーガリンと小麦粉を擦り合わせるようにして混ぜる
c0153330_5455697.jpg

ここが初めのポイント。
私は
「ひねりごまのようだなぁ」
と思うのですが、バターと小麦粉を、指先でポロポロと擦ります。
英語では「rub in」といいます。

私が昔読んだ林望さんの「イギリスは美味しい」という本では、
いかにこのrub inがスコーン作りに大切か、熱く説かれていました。

パン粉のようなザックリした粉を目指して、素早く、まんべんなく混ぜます。

4) 3に砂糖を加え、全体を混ぜる。
もしもドライフルーツやチョコなどを入れる場合はここで加える。

5) 牛乳を加え、素早く全体を混ぜ、まとめ上げる。
c0153330_5531267.jpg

粉っぽさがなくなればOK。
捏ねすぎないこと。

お母様曰く、
「ペストリーより柔らかいけど、べたべたしないように」
とのこと。

6) 生地を2cmの厚さに広げ、型で抜く。
c0153330_558523.jpg

2つ目のポイント。
型は何でも構わないし、なければ包丁やスケッパーなどでもいいのですが、
とにかく切り口がスパッと切れるように。
そして切ったら出来る限りいじらないように。

初めて作ったとき、コップでやって失敗しました。
切れ味良く切れてないと、焼いたときに膨らみにくくなります。

生地を延ばすときは麺棒を使うのがいいでしょうが、
私はこのあと家で一人で作ったとき、手で延ばしちゃいました012.gif
多少ひび割れても、でこぼこでも、大丈夫。

余った生地の切れっ端は丸めて一緒に焼いちゃいましょう。

7) 予熱しておいたオーブンで10~15分焼く。
c0153330_643536.jpg


8) 冷めてから、クロテッドクリームとベリー系のジャムをたっぷり付けて召し上がれ053.gif
c0153330_695762.jpg

旦那様曰く、
「イギリス人は焼きたてよりも冷めてから食べるかも」
とのこと。
日本では中沢からクロテッドクリームが販売されています。

でも、要は食べた本人が美味しければいいので、アツアツでも、冷めからでも。
メープルシロップとか、はちみつとか、マーガリンとか、何でもいいと思います。

こんな風に「オオカミの口」がパックリと開けば大成功~024.gif
c0153330_693241.jpg


・・・おったまげるほど、簡単でした。
一番初めに家で作ったときは、上述の通りうまく膨らまなくて失敗だったのに、
何で失敗したのか分からないくらい、簡単でした。

おどさん、ありがとう。
私一人でも、ちゃーんと焼けたよ~066.gif
c0153330_6153580.jpg

計量し始めてから焼きあがりまで、30分もあれば大丈夫。

卵を入れるレシピとか、フープロ使うレシピとか、巷にはいろいろありますが、
これが一番簡単で美味しいと思います。

砂糖を加えずにチーズ、塩、マスタードを入れるとSavory Sconeというんですって。
そちらも美味しそう!
今度チャレンジしてみます。
[PR]
by takaramono5898 | 2009-03-07 06:22 | 食べる