Londonのたからもの

uktakara.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:  └ クロアチア( 3 )

Dobrovnik part3

【7月24日(木) ドブロブニク3日目】

いよいよ、世界遺産の旧市街へ。
11時頃にPile門に着くと、既にたくさんの観光客で賑わっていました。
c0153330_22595633.jpg


まずは最初に、城壁一周。
10Kn払って急な階段を上ると、城壁の上に出られます。
c0153330_2311940.jpg

最初に見えたのは、旧市街一番の目抜き通り「プラツァ通り」。
c0153330_2303411.jpg

遠くに見えるは隣のロクルム島。
c0153330_231375.jpg

そしてオレンジ色の屋根、屋根、屋根。
c0153330_232687.jpg
c0153330_2323465.jpg

全長2kmくらいあるという城壁をのんびり歩きました。
日差しが暑かった!

プラツァ通りに戻ってくると、一番初めに目に付くのがオノフリオの噴水。
c0153330_2331325.jpg

噴水の正面には14~15世紀に建てられたフランシスコ会修道院があり、中にヨーロッパで3番目に古いという薬局があります。
1391年に開業し、当時の処方箋なども保存されているそうです。
c0153330_233375.jpgc0153330_2335424.jpg








突き当たりのルジャ広場にあるのが聖ヴラホ教会。
c0153330_2343875.jpg

その前で、昔の衣装をまとった人たちが太鼓を叩いて行進してきて、何やら読み上げていましたがさっぱりわからず。。。
c0153330_2352668.jpg

お昼ごはんは海の幸いっぱい。
c0153330_2354862.jpg


旧市街全体は1~2時間もあれば一通り見て回ることができます。
途中立ち寄ったお土産屋さんでは、約20年前、独立戦争の際に旧ユーゴスラビア連邦軍から攻撃を受けた直後の写真集やビデオを売っていました。
美しいアドリア海に戦艦が並んで砲弾を浴びせ、街は壊滅的な状態だったと聞きます。
実際、ボコボコに壊された建物の写真も見ました。

しかし、実際に私が見た街は、そんなことが信じられないくらい。
中欧きってのリゾート地として復活を遂げた裏には、そこに住む人々の努力や、いまだ癒えていない心や、いろんなものがあるのだろうなぁと思いました。

それらを推し量ることは私には出来ませんが、とにかく、美しい海と街がそこにありました。
c0153330_2365690.jpg

おしまい。
[PR]
by takaramono5898 | 2008-07-29 23:09 |   └ クロアチア

Dobrovnik part2

【7月23日(水) ドブロブニク2日目 モンテネグロ1日観光ツアー】

いまだに四国の県名と場所を間違えて旦那さんに正真正銘のアホ認定されてる私は、モンテネグロって、国の名前かどうかもわかりませんでした。
本当にスミマセン。。。

共和国としての歴史はまだ浅く、2006年に住民投票によってセルビアから独立を果たしたのだそうです。
ガイドさんが言っていた英語を正確に聞き取れていたなら、モンテネグロは貧しい国で、
国民の平均月収が500ユーロ?だったか何か。失業率が27%ということでした。

ドブロブニクからはバスで30分くらいで山の中の国境に着きました。
初めに立ち寄ったのは世界遺産の町、コトル。
城壁に囲まれた小さな古い町並みを1時間程度見て周りました。
c0153330_1825276.jpg
c0153330_18251540.jpg
c0153330_18252763.jpg
c0153330_18253897.jpg


続いて、ツェティニェという町にある前国王の博物館を見学。
ニコラ王の宮殿がそのまま博物館になっていて、勲章や衣装、ダイニングルームなどが展示されていました。
写真撮影が禁止されていましたが、どんな貧しい国でも、王様は贅沢な暮らしをしているものだなぁ、と当たり前の感想。

最後はブドヴァ。
海に突き出た岬に城塞がある様子は少しドブロブニクと少し似ていました。
c0153330_18272011.jpg
c0153330_18273112.jpg
c0153330_18274498.jpg
c0153330_18275874.jpg


-------------------------------------------------------------------
・・・以上、細切れの記憶をなんとか思い起こそうとしましたが、これ以上、無理。

「コトルの市場には白いナスがあった」とか、
「ブドヴァで最初に食べたアイスはちょびっとだけしか乗せてくれなくて、悔しくて別のところでもう一つ買ったら満足した」とか、
しょうもないことしか覚えていません。

前日、前々日とも早起きしたため、移動のバスの中では3分と起きていられませんでした。
気づくと目的地に着いていて、寝ぼけたまま降りて、ボーっと町を見て回って、またバスに乗ると秒速で寝て・・・の繰り返し。

帰りはブドヴァからフェリーでクロアチア国境近くまで来ましたが、フェリーまでの道のりが強烈な渋滞につき、予定時間を大幅に遅れての解散となりました。

幸い宿泊しているホテルの1階は遅くまでレストランが開いており、おいしいシーフードにありつけました。
これだけははっきり記憶に残っています。。。
c0153330_18285963.jpg


つづく
[PR]
by takaramono5898 | 2008-07-28 18:34 |   └ クロアチア

Dobrovnik part1

日本から行きにくいところに行こうの旅、第5弾。
旦那さんから言われるまでただの一度もその名前を聞いたことのなかった都市、クロアチアのドブロブニク3泊4日の旅です。
2日目は隣国のモンテネグロ1日観光もあり、中世の旧市街を堪能する、初めての中欧の旅と相成りました。

今回も旦那さんは驚くほど綿密な比較検討を行い、結果、Expediaというサイトで飛行機+宿泊パックがお得ということになりました。

【7月22日(水) ドブロブニク 1日目】
c0153330_5441546.jpg
ロンドンから少し南にあるガトウィック空港には、セントパンクラス駅から電車で1時間程度。

ルートンやスタンステッドよりは幾分大きい空港でした。



飛び立ってから3時間弱。
見えてきました、オレンジ色の屋根。
『アドリア海の真珠』と呼ばれるドブロブニクです。
c0153330_54679.jpg


c0153330_5472566.jpg
空港に降り立つと・・・あ゛~つ゛~っ!
このところ夏らしくなってきたロンドンでも、朝晩は長袖を着ているくらいなので、今年初めて『夏』の空気に触れました。
少し湿気はありますが、東京の蒸し暑さほどではありません。


我々の泊まるホテルはかなり西の方の新市街にあり、空港からバスで行くには中間にある旧市街で乗り換えなければならないとのこと。
『地球の歩き方』によれば、旧市街まで15分、旧市街からホテル近辺まで15分程度とのことでしたが、実際、ホテルに着いたのは空港を出てから2時間後でした・・・・・・・・・・・
はぁぁぁぁぁ?????

とにかく、道がありえないくらい混んでる。
ものすごい観光客の数に対して、インフラが追いついていない模様です。
道路が合流する地点では、双方から数珠つなぎの車で、絶対に歩いた方が早い。

辛抱して『地球の歩き方』にあるようにバスの左側に座っていると、しばらくしてから旧市街が見えてきました。
c0153330_5464699.jpg

海の青と町の屋根のオレンジが、本当にきれいです。

やっとこさ旧市街で降りると、「Accomodation?」の客引きにひっきりなしに声を掛けられ、ちょっとウザイ。
ホテルだけでなく、個人的に部屋を貸しているプライベートアコモデーションが数多くあるそうなんです。
はぁ。
なんとか振り切って新市街方面のバスに乗ろうとすると、50人くらいがバスに群がる。
しかも無秩序。
押し入ったもん勝ち。
アングロサクソンに負けるものかと、必死の思いで乗り込むと、そこにはクーラーなしの蒸し風呂が待っていました。

やー、びっくりした。
山手線のラッシュを思えば耐えられないほどではないのですが、これだけ観光客がたくさんいるのに、まったく輸送手段が足りないのにびっくりした。

のちに、2011年まで段階的に空港などを拡張する計画をチラリと見ましたが、それまでは毎夏、こんな感じなんでしょう。

そんなわけで、ホテルに着いてから散策に出掛ける頃には、少し日も傾きかけていました。
今宵の宿は『HOTEL PERLA』。
c0153330_5482656.jpg

珍しくバルコニー付きのお部屋でした。
c0153330_5484543.jpg


5分も歩くとビーチが広がっています。
c0153330_5492473.jpg

でも、近づくと実は石がゴロゴロ。
サラサラの砂浜ではなく砂利の海岸です。
それでも、久しぶりに見た海はきれいで気持ちがいい♪
c0153330_549467.jpg


c0153330_5503590.jpg近くのスーパーで地元のビールやお菓子を購入しました。
町でいくつか見かけるスーパー。
チェーン店のようです。







クロアチアのビール、コクがあって美味しいです。
c0153330_551375.jpg

つづく
[PR]
by takaramono5898 | 2008-07-27 05:57 |   └ クロアチア