Londonのたからもの

uktakara.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:  └ ギリシャ( 4 )

アテネ&エーゲ海クルーズ PART4

【6月14日(日)5日目 エーゲ海クルーズ:クレタ島、サントリーニ島】

午前中はクレタ島の中心地、イラクリオンに上陸。
クレタ島はギリシャ最大の島で、兵庫県とほぼ同じ面積。
人口50万人のエーゲ海を代表する島です。

我々はイラクリオンの南方7kmにあるクノッソス神殿を見学するツアーに参加しました。

ギリシャ神話には、
クレタ島のミノス王が一度入ったら二度と出ることのできない迷宮を建てて、ミノタウロスという怪獣を封じ込めた
・・・という言い伝えがあるそうですが、長い間神話上の話に過ぎないと考えられていました。
しかし、イギリスの考古学者アーサー・エヴァンスが1900年に発掘を始めると、その宮殿が実在することが分かりました。

約3700年前に作られたこの宮殿は、160m四方、中央には大きな中庭があり、部屋の数は1200以上
あったと言われています。
c0153330_1934656.jpg

一部は4階建て構造の場所もあり、階段が複雑に入り組んで、正に迷路のような構造です。
c0153330_19342972.jpg

宮殿の西側は神殿として使われており、大きな倉庫もありました。
c0153330_19344758.jpg

私が3人くらい入ってしまいそうな大きな甕には、オリーブや油、穀物などが保存されていたそうです。
c0153330_19351040.jpg

北側の部屋にある「牛の上のアクロバット」の複製。
c0153330_19353297.jpg

ギリシャ以外の国からも選手がやってきて、競技が行われていたことを示す絵のコピー。
c0153330_19355177.jpg

アフリカの選手です。
すごい。
これぞオリンピックの前身066.gif

玉座の間。
c0153330_1938836.jpg

その前にある、モザイクのような色彩のある床。
c0153330_19362298.jpg

3700年前の色が今も残っています。

東側の王宮部分。
c0153330_193726.jpg

4階建ての複雑な構造なのに、下の階まで光が取り入れられられるように設計されていたというからビックリ。

女王の間にあるイルカの壁画。
c0153330_1937282.jpg

色あいがカワイイ053.gif
イルカは平和の象徴だったそうです。

これはその当時使われていた水道管。
c0153330_19403082.jpg

うまく組み合わせられるようになっています。
このクノッソス宮殿にも水洗トイレがあったそうです。

人間って、進歩しているようでいて、そんなに昔と違っていないかもしれない027.gif
c0153330_19405578.jpg


 ***

午後、最後の寄港地、サントリーニ島
ギリシャではティラ島が正式名称です。
c0153330_19401156.jpg

今までの島とは違い、切り立った崖。
白い家が断崖の上部に連なっているのが見えます。

この島に残るアクロティリ遺跡は、火山の噴火で一瞬にして消えてしまったクレタ文明の当時の姿を伝える貴重な文化遺産として知られているそうです。
謎めいた歴史ゆえ、幻のアトランティス文明・・・?と噂されることもあるそう。

私たちは島の北部にあるイアという町を訪ねるツアーに参加しました。
この町は白い壁に青い屋根の建物、海に沈む夕日・・・という、のギリシャの代名詞のような光景が見られることで有名です。

斜面にはレストランやカフェがたくさん。
c0153330_1941429.jpg

よく写真に使われる教会だそうです。
c0153330_19415783.jpg

観光客もたくさんいました。
c0153330_19422075.jpg

こんな道をブラブラ歩いていると後ろから、
「ソーリー!タクシー!」
と声が。
c0153330_19433598.jpg

ロバのタクシーがやって来ました!
斜面が多い場所ゆえ、ロバさんが活躍するんですね。

海に面したカフェでお茶(私はビール)を飲み、短い時間ですがイアを満喫しました。
c0153330_1944013.jpg

c0153330_19442254.jpg


 ***
ギリシャの食べ物を少し。

アテネで見かけた量り売りのお菓子屋さん。
c0153330_19445781.jpg

c0153330_19452629.jpg

ドライフルーツもいっぱい!
c0153330_19454292.jpg

店内には「からすみあります」と日本語で書いてありました037.gif

滞在中何度も食べたのが、グリークサラダ。
c0153330_19462389.jpg

しょっぱいフェタチーズがポイントです。

イギリスのコッテージパイにも似たムサカ。
c0153330_1947189.jpg

ナスとチーズの重ね焼きで、とても食べやすかったです。

スーパーで買った地元のビール。
c0153330_19471752.jpg

スッキリ味で、暑い中歩いたあとに、く~!ウマイ!068.gif

ギリシャでも思い切り食べて飲んで、よい旅になりました。
[PR]
by takaramono5898 | 2009-06-24 19:52 |   └ ギリシャ

アテネ&エーゲ海クルーズ PART3 sanpo

【6月13日(土)4日目 エーゲ海クルーズ:トルコ/クシャダシ、ギリシャ/パトモス島】

朝ごはんのとき、デッキから見た朝焼け。
c0153330_0145122.jpg

船の旅、なにげに早起きです。

この日はまず、トルコのクシャダシに寄港。
エフェソス遺跡を巡るオプショナルツアーに参加しました。

旦那さんは10年ほど前にこの遺跡に来たことがあり、
「とてもきれいでオススメ」027.gif
とのこと。

エフェソスに紀元前1200年頃に移り住んだ人々が、女神アルテミスを祀った神殿を築きました。
最盛期には25万人もの人が住み、毎年4月に開催されるアルテミスの祭典には100万人もの観客が訪れたそうです。
下線の氾濫や疫病により街は衰退し、何百年もの間土に埋もれていた遺跡を、100年ほど前から発掘・復元を始めたのだそうです。

そのせいか、3000年経っているとは思えないほど遺跡全体がよく残っています。
c0153330_020797.jpg

c0153330_0202415.jpg

モザイクもうっすら色が見えます。
c0153330_0204272.jpg

男子たちが用をたしながら談笑したという水洗トイレ。
c0153330_021014.jpg

いにしえに思いをはせながら、ワタクシもしばし腰掛けてみました012.gif
c0153330_0212837.jpg

ケルススの図書館。
c0153330_021455.jpg

この当時の図書館としては、世界で3本の指に入る・・・とガイドさんが言っていたような気がしますが、定かではありません。
いずれにせよ、3000年前に、図書館があるって、ものすごい005.gif

こちらは世界で初めての広告といわれているもの。
c0153330_0222675.jpg

道端に掘られたもので、左からハート印、左足、女性・・・
「こっちにいくと娼婦の館があるよ」
という意味だそうです。。。

出口付近にあった野外大劇場。
とても大きいので、上までのぼるとちょっと怖いです。
c0153330_023028.jpg

過去にエルトン・ジョンやスティングなど、数々のアーティストがコンサートを行ったようですが、
ロックコンサートは振動が遺跡に悪い影響を与えるそうで、現在はクラシックなどのコンサートのみになっているとのことでした。
c0153330_0235458.jpg


午後はギリシャに戻り、パトモス島へ。
この小さな島の見どころは世界遺産の聖ヨハネ修道院と、聖ヨハネが黙示録を書いたという洞窟です。

・・・が、キリスト教信者ではない我々、あまり興味がないのでツアーには参加せず。
でも、船を下りたところのタクシーのお兄さんが声を掛けてきて、
「二人まとめて25ユーロで洞窟と修道院に連れてくよ」004.gif
というので、乗ってみました。

このあんちゃん、お客は私たちのほかに何組もいるらしく、分刻みのスケジュールでピストン輸送しているもよう。
「●●分に、また迎えに来るから」
言い残して、彼は猛スピードで港まで戻っていきました。

ヨハネの洞窟のある場所の建物。
c0153330_026348.jpg

中は写真撮影禁止ですが、洞窟の入口はこんな感じ。
c0153330_0265056.jpg

中にはヨハネが体を休めたという場所や執筆したと言われている本が展示されていました。
信者たちはそういった遺物ひとつひとつに十字を切り、キスしていました。

続いて丘の上にある聖ヨハネ修道院
この聖ヨハネ修道院は11世紀に聖ヨハネを記念して設立されたもので、現在では世界遺産に指定されています。

どちらもさほど大きくないので、すぐに見学は終わりました。
帰りのタクシーのあんちゃんを待っている間、修道院の高い丘から見下ろす光景が気持ちよかった001.gif

この日の夜は、特別にディナーに予約が必要で、いつもより少しだけ改まった様子。
最後にはレストランの従業員たちがギター演奏とともに歌を歌ったり、なかなか盛り上がりました。
c0153330_0281056.jpg

みんなすごく楽しそうに歌ってるから、こちらまで楽しくなる003.gif

さらに、別の場所ではギリシャの伝統的な踊りや歌を披露するショー。
c0153330_0293568.jpg

乗客を飽きさせないように、いろいろ工夫が凝らされていました。
私たちは早々に引き上げましたが、日本人のおばさまたちの中には、ディスコで夜な夜なフィーバー(←死語)したつわものもいたようです。
恐れ入りました040.gif

つづく
[PR]
by takaramono5898 | 2009-06-21 00:33 |   └ ギリシャ

アテネ&エーゲ海クルーズ PART2

【6月12日(金)3日目 エーゲ海クルーズ:ミコノス島】

昨年夏の北欧旅行の際、ストックホルムからヘルシンキまで、生まれてはじめてのクルーズ体験・・・
あのときはゴージャスな船でしたが、ワタクシたちは窓のないお部屋につつましく滞在してました012.gif
今回は、少し小ぶりな船だけど、窓があるお部屋に049.gif
3泊4日かけて、エーゲ海の島々を回りました。

The Aegean Pearl号。
c0153330_021647.jpg

午前11時にアテネのピレウス港を出航しました。

500人くらいの乗客のうち、約90人が日本人と聞きました。
ほとんどが日本からのツアー客で、個人旅行は私たち含めて二組だったと思います。
船に属している日本人スタッフも1名いらしたので安心でした。

まぁ、とにかく天気が素晴らしい003.gif
c0153330_0213823.jpg

船内の免税店では欲しいものもないし、プールはちっこい。
でも、潮風に当たりながらのんびり本を読む贅沢を満喫できます。

一番最初の寄港地はミコノス島。
39個の島から成るキクラデス諸島の中でも「エーゲ海の島の代名詞」と言われているほど人気のある島なのだそうです。
おぉ、ギリシャらしい!
c0153330_0235149.jpg

白い壁の家々が見えてきました。

6つ並んだ風車も印象的。
c0153330_0241541.jpg

島は結構大きいですが、中心のミコノスタウンはお散歩にちょうどいいサイズ。
ぶらぶらとあてもなく歩きました。

港にある小さなセント・ニコラス教会。
c0153330_025082.jpg

タイミングがよければ、この港に名物ペリカンのペトロス君が出没するそうですが、私たちはお目にかかれませんでした。

観光地らしく、お土産屋やアクセサリー屋があらゆる通りに軒を連ねています。
c0153330_0252788.jpg

c0153330_0255242.jpg

西側にあるリトルヴェニスと呼ばれる一帯にはカフェがズラリ。
c0153330_0265749.jpg

こんなところで夕日を眺めたらディナーなんて・・・
きゃ~!ろまんちっく~!010.gif
・・・なのですが、我々はおとなしく船に戻りました。

船の料理もなかなかどうして、結構美味しくて。
2つあるレストランのどちらで食事しても構わなくて、毎日メニューが変わるので飽きることもありませんでした。
食事は船の代金に含まれているので、どんなにおかわりしたって大丈夫006.gif
食いしん坊の私にとっては、かなり満足度が上がりました。

つづく
[PR]
by takaramono5898 | 2009-06-20 00:34 |   └ ギリシャ

アテネ&エーゲ海クルーズ PART1

先週から今週の初めにかけ、4泊5日でギリシャに行ってきました。

【6月10日(水)アテネ 1日目】

アテネに着いて、否応なしに感じたのは、
あづ~っ!031.gif
日本の夏を彷彿とさせるような熱風。
夕方というのに広場の温度計は33度もありました。
暑い暑いとは聞いていましたが、夏を感じさせないイギリスに住んで1年半。
完全になめてました。

アテネの宿泊はヘルメス・ホテル HERMES HOTEL
c0153330_6521056.jpg

雑多なところにありましたが、とてもおしゃれな外観。
街の中心部からも近く、どこにでも歩いて行けます。
部屋は狭いけど清潔。
c0153330_6522528.jpg

景色はイマイチでもテラスがあって気持ちがいいです。

毎度のことですが、宿泊先を決めるときのうちの旦那さんの真剣さったら、ものすごい027.gif
手頃な値段で、評判が良くて、立地も良いところをとことん探します。
なので、毎回ハズレなし。
彼は旅行業も出来るんじゃないでしょうか・・・

さて、初日の夕方はアテネの中心地、シンタグマ広場付近をぶ~らぶら。
ギリシア国王オットーの王宮として建てられた国会議事堂
c0153330_652543.jpg

その前には19世紀前半、トルコ支配からの独立戦争の際に犠牲となった兵士たちの霊を鎮めるための無名戦士の墓があります。
ちょうど衛兵の交代式をやっていました。
どこからともなく3人の兵隊さんがやってきて、
c0153330_6535054.jpg

偉い人がなにやら身支度を整え、
c0153330_6542036.jpg

あっちゃこっちゃを歩いて、
c0153330_6543764.jpg

いつの間にか去っていきました。
靴の先に付いたポンポンがかわいい016.gif

日曜11:00の交代が大規模で人気があるようですが、思いがけず遭遇したこの交代式も十分面白かったです。

【6月11日(木)アテネ 2日目】

「あまりに暑いので、涼しいうちに観光しよう」と、朝早くから家を出ました。

ホテルのすぐそば、エルムー通りの途中にあるカプニカレア教会
c0153330_6553670.jpg

ショッピングストリートの真ん中に、こんなに古い、カワイイ建物があるなんて005.gif

そのすぐ近くにあるミトロポレオス大聖堂
c0153330_6561051.jpg

アテネでは最大のギリシャ正教の教会だそう。
中はそれ程広くはありませんが、無駄のない装飾で重厚な造り。
現在でも、大統領の宣誓式などの国の行事はここで行われているそうです。

そして、アテネの最大の見所と言っていいアクロポリス遺跡へ。
ぐるぐる歩いていくうちに日も高くなり、9時過ぎくらいに入口に着くと、既にたくさんの人が集まっていました。

入場して間もなく、
「いよいよ、これが神殿か!」
・・・と勘違いしたブーレの門
c0153330_6575954.jpg

アクロポリスとは関係のない、2世紀ローマ時代のものだそうです。

急な階段をひーひー言いながら上ると、ありました。
c0153330_6582671.jpg

パルテノン神殿
一部修復中のようですが、デッカイ。
紀元前432年に完成したそうなので、今から焼く2500年前の建造物です。

でも、ぶっちゃけ、殺風景。
建てられた当初は90枚以上のレリーフが飾られてたというから、さぞかし豪華だったことでしょう。
長い年月に風化してしまったということもありますが、ここの破風の像の一部は大英博物館にもあるようです。。。
(返してあげなよ・・・)

丘の南側にあるイロド・アティコス音楽堂
c0153330_6593713.jpg

161年に造られ、現在もコンサートなどに使われているとのことです。
すごい・・・009.gif

昼前だというのに、もう暑さでヘロヘロ008.gif
持ってきた水では飽き足らず、チケット売り場付近の売店から聞こえる
「あいす れもねーど!」
の誘惑に勝てませんでした。

息を吹き返して、すぐそばにある古代アゴラへ。
c0153330_71613.jpg

パルテノン神殿と共通の入場券で入れます。
アゴラとは現代ギリシア語では市場を指しますが、古代では広く政治、宗教、文化的施設が集中した場所だったそうです。
古代では買い物をするのは男性の役目だったとか。
ソクラテスやプラトンもここで弁舌を振るっていたとは、当時はどんな景色だったのでしょう・・・!

さらに、街中をしばらく歩いて、現代のアゴラと呼ばれる市場を見学。
中はすごい活気。
肉売り場には新鮮そうな色のお肉がズラリ!
c0153330_723066.jpg

魚売り場もきれいなお魚がどっさり!
c0153330_725218.jpg

c0153330_731272.jpg

こんな素敵な市場、家の近所に欲しい010.gif

続いて国立考古学博物館
c0153330_754091.jpg

正面を入ってすぐのところに飾られているアガメムノンのマスクは、考古学者シュリーマンが発掘したミケーネ遺跡から出土されたもの。
c0153330_762072.jpg

ミケーネ文明って、紀元前20世紀~12世紀だったというから、驚きです。
今の私たちがつけてもおかしくないような宝飾品がたくさん展示されていました。
c0153330_764795.jpg


彫刻も傑作が数多く展示されています。
紀元前500~330年の古典期の作品、ポセイドンのブロンズ像。
c0153330_771336.jpg

同時期の馬に乗る少年のブロンズ像。
c0153330_77333.jpg

紀元前130年頃のポセイドンの大理石像。
c0153330_77549.jpg

全部載せてたらキリがないくらい。
博物館は苦手な夫婦(何故か二人とも眠くなる・・・)なのですが、この博物館はかなり面白かった001.gif
電気もガスもなかった時代だけど、「美しい」と思う感覚は変わっていないのかも知れません。
いやー、それにしても館内は涼しくて助かりました042.gif

つづく
[PR]
by takaramono5898 | 2009-06-19 07:10 |   └ ギリシャ