Londonのたからもの

uktakara.exblog.jp
ブログトップ

ゲイとレズビアンの祭典 「プライド・ロンドン 2009」

ときは7/4(土)。
ところはカナダ・デーと同じトラファルガー広場。
7/1とはうって変わってこんな感じです。
c0153330_23191721.jpg

これは、ヨーロッパで最大のゲイとレズビアンの祭典「プライド・ロンドン 2009」です。
約200組の団体がロンドン中心部をパレードし、約50万人もの人がこれを見るために集まって来ているとのこと。
メッセージも分かりやすい。
c0153330_23195481.jpg

イギリスでは同性愛者の結婚が法律上認められています。
宗教上同性愛が禁じられている国からイギリスへ渡る人も多いと聞きました。

13:00からパレード開始。
14:00すぎに出かけると、何も見えませんが、遠くからそれらしき音が聞こえてきました。
c0153330_23201645.jpg

このゴージャスなDrag Qweenを見て、ローリー寺西の後ろにいた二人組のオナペッツを懐かしく思い出しました。
(誰も知らないだろうなぁ・・・)
c0153330_2320342.jpg

後にこのオネエ、ブラウン首相夫人のサラさんと写真に写っている記事を見ました。。。

レズビアンさんたちも楽しそう。
c0153330_2321385.jpg

プラカードを掲げる人や、
c0153330_23211491.jpg

巨大な虹色の旗を持つ人たち。
c0153330_23212795.jpg

レインボーは同性愛者歓迎の印だそうです。
ロンドンの街を気にして見ていると、レインボーの旗を掲げてるパブもときどきあります。

水兵さんや軍隊だって。
c0153330_2322989.jpg

c0153330_23222520.jpg

警察だって。
c0153330_2322443.jpg

ブリティッシュ・エアウェイズだって。
c0153330_2323158.jpg

ゲイのスチュワードは重宝されると聞きました。
理由は「気がきく上に、力持ち」だから。
なるほどーーーーー006.gif

あとはコメントするまでもありません。
c0153330_2324637.jpg
c0153330_23242479.jpg

c0153330_23245965.jpg

c0153330_23265080.jpg
c0153330_2327922.jpg

c0153330_23273365.jpg

これが延々と続きます・・・・
みんなとにかく楽しそう。
絶対に日本では見られない光景です。

トラファルガー広場に面したSt Martin in the fields教会でも・・・
c0153330_2328198.jpg

この日に限ってレインボーの旗が005.gif

人々の熱気に圧倒されっぱなしでした042.gif
[PR]
# by takaramono5898 | 2009-07-16 23:30 | 歩く

カナダ・デー Canada Day @トラファルガー広場

もう2週間も前の話ですが、備忘録のために。

7/1(水)、カナダの建国記念日を祝うイベント、カナダ・デーがトラファルガー広場で開催されていました。
c0153330_5424031.jpg


何かってーと、イベントの舞台になるトラファルガー広場。
中央の舞台で歌や踊りが披露されていて、周りのテントで関連団体がPRをしていたり、ハンバーガーの屋台が出ている・・・・というのがいつものパターンです。

イベントにちなんだ仮装をした人たち。
c0153330_5474318.jpg

c0153330_548036.jpg

これも、まぁ、いつものことです。

しかし、このカナダ・デーの特徴、その1。
ど真ん中で真剣なホッケーのトーナメント試合が行われていました005.gif
c0153330_5462215.jpg

氷がないから、コンクリートでもやっちゃえ!ということでしょうか。

特徴、その2。
バイソンのハンバーガー005.gif
c0153330_5485860.jpg

実は、これが食べられると知って、このイベントにやって来ました。
ほかにもハンバーガーの屋台はあるけど、ここの屋台は大人気。

ちなみに、バイソンってこんな動物です。(Wikipedia アメリカバイソンより)
c0153330_5511711.jpg

ちょっと怖い・・・008.gif
でも、思い切って食べてみました。
マヨやケチャップは自分でたっぷり掛けて。
c0153330_5502547.jpg

・・・普通にでした015.gif
[PR]
# by takaramono5898 | 2009-07-14 05:59 | 歩く

クラクフ Krakow vol.3

【6月22日(月)2日目 午後】

アウシュビッツ強制収容所見学のツアーから昼過ぎに戻り、軽く昼食を取ってすぐにヴィエリチカ岩塩採掘場 Wieliczka Salt Mineのツアーに参加しました。

この旅行会社のツアーでは、一日でアウシュビッツとヴィエリチカの両方を見られるというのがウリだそうです。
もちろん、旦那さんの弛まぬ研究の結果、このツアーになりました027.gif

クラクフ歴史地区アウシュビッツ強制収容所とともに、このヴィエリチカ岩塩採掘場も世界遺産に登録されています。

クラクフの中心からはバスで30分くらい。
この黄色い建物の右脇に入口がありました。
c0153330_613306.jpg


目が回って気持ち悪くなるくらい長い螺旋階段をひたすら下ります。
おえー、もう無理ー020.gif
と思い始めたら、ようやく下に付きました。

坑内には、当時の採掘の様子を表す模型が並んでいます。
c0153330_6154012.jpg

その昔は馬の力を使ってリフトを動かしていたそうです。
c0153330_616191.jpg


グループの中から何名かが実際に動かしてみてました。
c0153330_617240.jpg


資料により諸説あるようですが、13世紀頃からは確実に採掘が行われていたようです。
当時は塩は食べ物を貯蔵するために用いられる貴重なもので、金と同じくらい高価なものでした。
それを掘り出す抗夫たちの待遇は非常に良く、大金持ちになった・・・とガイドさんが言っていました。
でも、キツイ労働だったんだろうなぁ。

採掘の再現よりも多いのが、抗夫たちが片手間に作ったという数々の彫刻たち。
みんな岩塩で出来ています。
c0153330_6203324.jpg

c0153330_6205351.jpg

c0153330_6223224.jpg

趣味もここまで来れば芸術。

びっしりと塩が付いた壁も。
c0153330_627263.jpg

わかりづらいですが、真ん中の透明な部分は塩の結晶で、触るとツルツルします。
c0153330_6275283.jpg


クライマックスは巨大な礼拝堂。
c0153330_6282196.jpg

c0153330_6312658.jpg

現在も毎週日曜にミサが行われているそうです。

シャンデリアも塩の結晶で作られています。
ガイドさん、
「シャンデリアの真下にカメラを置くと、シャンデリア全体の写真が撮れるんだよ!」
と旦那さんのカメラでやってみてました。
c0153330_6285877.jpg

「・・・で?」
って感じですが015.gif

浮き彫りの『最後の晩餐』。
c0153330_6301115.jpg


ここを訪れたこともあるヨハネ・パウロ2世の像も、もちろん岩塩。
c0153330_6305215.jpg


真っ暗な地底湖にやってくると、
「サプライズがあるよ!」
と、したり顔のガイドさん。
c0153330_633173.jpg

ショパンの調べにのり、あっちこっちにライトが点滅して・・・。
・・・015.gif
そういえば、ショパンはポーランド出身でした。

3.5kmの道のりを歩き終える頃にはもうヘトヘト。
危なっかしいエレベーターで、ようやく地上に戻ることが出来ました。
c0153330_6325320.jpg


いくつかの演出に少々残念な感じは否めませんでしたが、歴史のある場所だということは十分分かりました。

 ***

日本にいたときは、正直、旅行先としてポーランドが頭に浮かぶことはありませんでした。
前回は友人を訪ねて、今回は「アウシュビッツを見たい」という旦那さんに連れられて、両方とも素晴らしい経験でした。

とにもかくにも、ポーランドの豚肉はウマイ。003.gif
[PR]
# by takaramono5898 | 2009-07-13 06:38 |   └ ポーランド