Londonのたからもの

uktakara.exblog.jp
ブログトップ

Egypt part2 ルクソール東岸編

【3日目 12月26日(金)カイロ→ルクソール】

この日のスケジュールは強烈です。
2:45にモーニングコールっていうか、夜。

しかも、おかげさまで、早くも昨日のピラミッド見学による激しい筋肉痛にみまわれました。

朝ごはんにパンや果物が入った弁当ボックスを持たされ、半分気を失いながら空港へ019.gif
朝6時007.gifの飛行機でルクソールに移動します。
大体1時間くらいで到着。

ルクソールはテーベと呼ばれていた昔の首都で、ナイル川の西岸と東岸にそれぞれ遺跡があります。
この日は東岸の二つの神殿を見学しました。

●カルナック神殿
中心にあるアムン神殿はエジプトで最大規模の遺跡。
c0153330_0355345.jpg

神殿に続く参道の両脇には、頭がヤギの姿をしたスフィンクスがズラリ。
c0153330_0361952.jpg

太陽神ラーの夜の姿がヤギと考えられていました。
ちなみに太陽神ラー、朝はスカラベ(ふんころがし)の姿、昼はハヤブサの姿をしていると考えられていたのですって005.gif

その昔はこの参道が3キロ離れたルクソール神殿まで繋がっており、年に一度、神を休める祭りのようなものが催されていたのだとか。
神様が船に乗ってカルナック神殿にやってきて、元気を取り戻したら自分でルクソール神殿まで帰って行ったそうです。(ガイドさん談)
年に一度のリフレッシュ休暇?

中庭。
c0153330_0371864.jpg

その奥に見えるのは大列柱室。
c0153330_0374715.jpg

高さ23mと15mの巨大な柱が134本。
圧巻です。
柱の上部は花の形をしており、メインの通りは太陽の光が当たるので花が開いていて、陰にある柱はつぼみの形をしているのだそうです005.gif

更に奥に進むと、トトメス1世のオベリスク。
c0153330_0414676.jpg

ハトシェプスト女王のオベリスク。
c0153330_0422427.jpg

聖なる池。
c0153330_0495823.jpg

池のそばにあるスカラベの像は、その周囲を時計と反対周りに7回周ると願い事が叶うというので、
もちろん周っておきました037.gif
c0153330_0522680.jpg


●ルクソール神殿
入口にはオベリスクが1本だけ。
右側のオベリスクはトルコが占領していたときにフランスに贈り物としてあげちゃったそうで、コンコルド広場に建っているそうです。

c0153330_054937.jpg

・・・って、そういえば、
あったあった!
確かに、唐突に建ってました!

つい先日パリで見てきました→→→




こちらにも列柱廊が。
c0153330_057346.jpg

壁にはおびただしいヒエログリフが刻まれていますが、一部にはキリスト教徒が教会としてここを使ったとき、上に絵を描いてしまったところも残っています。
c0153330_0583795.jpg


●ソフィテル・パビリオン・ウィンターパレス
本日の宿泊はルクソールで一番格式のあるウィンターパレスホテル。
c0153330_0594531.jpg

・・・の入口から入る、隣のホテル。
中庭は、まるでアジアのリゾートに来てしまったような趣。
c0153330_102986.jpg

お部屋も綺麗でした053.gif
c0153330_11228.jpg



以下、自由行動。

●スーク
ぎくしゃくした体に鞭打って、スークへお買い物。
木製の入口が目印です。
c0153330_16959.jpg

しかし。
エジプト全土に見られる傾向として、とにかく土産物屋がウルサイ。
観光客だと見れば、
「ワンダラ、ワンダラ、ワンダラ、ワンダラ(=1 dollerの意)」
「ベリベリチープ」
「Tシャツ、What size?」

と言いながらしつこく追いかけてくる。
ダフ屋かっつうの。

こういった形式が苦手な私。
おかげで誰とも目を合わせず、一点を見つめて通り過ぎました。。。
c0153330_112351.jpg

買い物に来たはずなのに・・・

街ではいたるところに観光客向けの馬車がいて、これまた声を掛けてくる。
c0153330_19435.jpg

もしも利用する場合は、事前にしっかり交渉しないとボッたくられることもあるようです。

●ミイラ博物館
ナイル川沿いの地下にある博物館。
外観の写真を撮り忘れましたが入ってみました。

大きなワンフロアで、ミイラの作り方の簡単な図解と、一体の人間のミイラ、その他ワニなどの動物のミイラが数点展示されていました。
ミイラ作りに使われた道具や棺などもいくつか。
正直、50エジプトポンド(1エジプトポンド≒20円)もする割には・・・という感じ。
30分あれば十分見学できます。

ホテルへの帰り道、ルクソール神殿がライトアップされていました。
c0153330_114847.jpg

昼に見たときにも増して、厳かな光景。

ナイルに沈む夕日。
c0153330_115185.jpg

古代、あちらの方角にあの世があると考えられているのも頷ける、美しい夕焼けです。
しばし見とれてしまいました。
[PR]
by takaramono5898 | 2009-01-05 01:18 |   └ エジプト