Londonのたからもの

uktakara.exblog.jp
ブログトップ

テニスの殿堂、ウィンブルドンへ ~たからもの夫婦全英デビュー?~

ここのところロンドンらしからぬ良いお天気058.gif
加えて、昨年は一度も感じなかった「夏」らしい暑い日が続いています。

そんな中、テニスのウィンブルドン選手権7日目を観戦してきました。

この大会、チケットを手に入れるのは結構大変。
前売り券は、前年のうちに封書で申込書を取り寄せ、応募し、当選した人だけが買うことができます。
日にちやコートは選べません。
当選確率はかなり高い模様。

うちの旦那さんは本当にマメで、密かに上述の作業を行っていました。
しかも彼はびっくりするくらいクジ運が良く、初めての応募で見事センターコートのチケットを当てました。
恐るべし。。。026.gif

地下鉄でSouth fieldという駅まで行き、そこから人の波が進む方向に歩くこと30分弱。
c0153330_55855100.jpg

指示された入口から会場に入ると、まだ午前中にも関わらずすごい人。
c0153330_5591223.jpg

センターコートの試合は午後13時からでしたが、一足先にオープンコートで行われるジュニアの試合を観戦しました。
c0153330_5595536.jpg

自由席で誰でも見られるコートが並んでいます。
向こうに見えるのは少し大きなコートです。
c0153330_5593973.jpg


日本人の井上雅さんとオマーンの Fatma Al Nabhaniさんの試合。
井上さんは17歳の女子高生。
c0153330_602994.jpg

今年の全豪オープンテニスジュニアでベスト16に入った期待のホープなのだそうです。

私たちは途中で退席しましたが、井上さんは見事勝利して、2回戦に駒を進めました。

センターコートは1年でこのウィンブルドン選手権でしか使われないという格式の高いコートです。
「どこらへんなんだろうなぁ」なんて、番号通りのゲートをくぐると・・・
えぇぇぇぇぇぇぇ!005.gif
前から3列目の強烈にいい席。
砂かぶり!
あまりに興奮して
「すごーい、すごーい!」005.gif
と叫んだので、隣のオバサマたちに微笑まれちゃいました。

この日のセンターコートは女子シングルスと男子シングルスの4回戦。
対戦は次の通りでした。(カッコ内はシード)

●第一試合 Roger Federer/スイス(2)対 Robin Soderling/スウェーデン(13)
豚に真珠、私にウィンブルドン。
私はこの日までフェデラーさんなる選手を知りませんでした。
ウィンブルドン5連覇しちゃったものすごい方なんですね。
ほんとスミマセン。
c0153330_631644.jpg

ランク的にはフェデラーの方が優位でしたが、対するソデルリングは全仏オープンで王者ナダル(今大会はケガで欠場)を倒して「史上最大の番狂わせ」と言われた選手だそう。
c0153330_635440.jpg

193cmの長身から繰り出すサーブはとても速く感じられました。
c0153330_644654.jpg

結果はフェデラーが3セット先取のストレート勝ちでしたが、見ごたえのある試合でした。

●第二試合 Dinara Safina/ロシア(1) 対 Amelie Mauresmo/フランス(17)
第1シードのディナーラ・サフィーナが、2006年のチャンピオンで第17シードのアメリ・モレスモと対戦。
初のグランドスラム制覇を目指しているというサフィーナは183cm!
c0153330_651933.jpg

デカイ。おっかないです。
ミスをするとロシア語でなにやら叫び、へそが出ててもなりふり構わない。
勝利への執着心が、毛穴中から出てる感じ。

アメリは2006年のウィンブルドンの覇者ですが、勢いではサフィーナが上か。
過去の対戦成績では4勝2敗でモレスモが優位でしたが、のぼり調子の若者サフィーナが気迫で勝利しました。

途中、歴史的な一幕が。
3年がかりで完成した開閉式の屋根が、初めて閉じられるというハプニングがありました。
パラパラと雨が降り出した途端、名物のシート敷きのお兄さんたちが登場すると会場は大盛り上がり。
c0153330_665823.jpg

ひとまずシートを敷いたあと、試合はサスペンデッド。
ヒマな観客は、なぜかウェーブでこれまた大盛り上がり。
アナウンスの後、徐々に閉まりはじめ・・・
c0153330_674896.jpg

c0153330_68715.jpg

この間、会場は大声援です。

さらに。
試合再開前、すぐ後ろを振り返ると、旦那さんが血相を変えて、
「あ、ジョン・マッケンローだ!!!」027.gif
c0153330_685579.jpg

どうやらアメリカの番組の解説者として来たらしい。
この私だって、マッケンローは知ってます。
老けたなぁ。。。
でも、笑ってました003.gif
c0153330_69197.jpg


●第三試合 Andy Murray/イギリス(3) 対 Stanislas Wawrinka/スイス(19)
アンディ・マレーはスコットランド出身の22歳。
1936年のフレッド・ペリーを最後に優勝者が出ていないイギリスとしては、第3シードのメチャクチャ期待がかかってます。
c0153330_6111948.jpg

客席には「CMON ANDY」Tシャツを着た応援団も。
c0153330_6195587.jpg

9割方がマレーを応援していました。

夜ごはんを食べに席を外したら、いきなりスタニスラス・ワウリンカに1セット目を取られていました。
c0153330_6121844.jpg

前述、同郷のフェデラーと組んで2008年北京五輪でダブルス金メダルを取った実力派です。
サーブ前、ボールを慎重に選ぶ姿が印象的でした。

フルセットの末、試合が終了したのは午後22時30分すぎ。
c0153330_6125196.jpg

c0153330_613981.jpg

後に調べると、大会史上、最も試合終了時間が遅くなったのだそうでした。

テニスがこんなに面白いなんて!
2週間、毎日見に来たって飽きないくらいです。

現役復活を果たした伊達公子選手は初戦敗退でしたが、杉山愛選手は私たちが見た翌日のミックスダブルス3回戦にて勝利!
このウィンブルドンで日本人選手が堂々と戦っている姿を見るのはとても誇らしい気持ちになります。
本当に貴重な経験となりました。
c0153330_614564.jpg

【余談】
家に帰ると、テレビを見ていたロンドンの友人からのメールで、
「3列目に座ってたでしょ!旦那さん、オレンジ色のシャツ着てたでしょ!」
・・・なんと、私たち、テレビに映ってたんですって!012.gif
ユニクロポロシャツの旦那さんと、無印ワンピースの私。
二人して、
「もっといい格好していけば良かった・・・」
初めて屋根が閉じられたり、最も遅くまで試合が行われたり、その記念すべき大会に、ワタクシタチも全英デビューと相成りました。
[PR]
by takaramono5898 | 2009-07-01 06:20 | 観る