Londonのたからもの

uktakara.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

かりっとふわんな全粒粉パン

毎日毎日ベーグルばっかり作ってたら、いい加減違うものも作りたくなりました。
かといって、バターとかチョコたっぷりのパンはちょっと食べたくない朝もある。
そんなときにピッタリなのがこれ。

レシピ 素朴さがうり!かりっとふわんな全粒粉パン by ななえ77
c0153330_21105729.jpg

シンプルです。
素朴です。

フランスパンなどの上に入っている切込みを「クープ」と言うそうです。
これを美しく開かせることを研究してる人たちもいるみたい。
「クープナイフ」って、それ専用のかみそりも売ってます。
いやぁ、知りませんでした。

よりパックリ開かせるためには、ショートニングなどの油脂分を乗せるといいそうですが、人によっては、「もともと油脂を使わないリーンなパンにそんなことをするのはいかん!」という人も。

私は美味しければどちらでもいいのですが、確かに油分を乗せるととべとべとしてしまうので、何にもしないで焼きました。

全粒粉は食物繊維や鉄分、ビタミンB1も多くて体にいいらしいですよ~♪
[PR]
by takaramono5898 | 2008-05-31 21:21 | パンを作る

糖蜜のおはなし

モラセス
・・・なんだか、旧約聖書に出てきそうな響きですが、どうやら砂糖の仲間です。

ベーグルのレシピをひたすら検索すると、時折目にしました。
ベーグルは焼き上げる前に「茹でる=ケトリング」という作業が発生しますが、このときに糖分をお湯に溶かすと、ベーグルに照りが出るようです。
上白糖、三温糖、蜂蜜とか、何でもいいみたいですけど、この「モラセス」はよく照りが出るとのこと。
そう言われちゃったら、欲しくなるでしょう、やっぱり。

さらに調べると、これはフラップジャックジンジャーケーキなど、イギリスの伝統的なお菓子作りに欠かせない材料なのだということが分かりました。

いろいろな情報を整理すると、
●砂糖を精製するときにできる、糖分以外の成分も含んだ黒褐色の粘り気のある液体。
●日本語では廃糖蜜とか、糖蜜
 アメリカではmolasses(モラセス)、イギリスではtreacle(トリークル)とか?
●さらにそれを精製すると、『ゴールデンシロップ』になる?
…確かな情報ではありませんが、まぁ、そこまで突き詰めることもないのでここらへんにしときます。

日本のサイトでよく見るのはこれ。
c0153330_0165816.jpg

http://www.cuoca.com/item/11402.html
残念ながらこちらのスーパーでは見つけられませんでした。

でもスーパーSainsbury’sの砂糖売り場に、普通にこれがいました。
確か1ポンドしなかったと思うので、試しに購入。
c0153330_01983.jpg

液体じゃなくて、黒い砂糖って感じです。
ベーグルに使ってみたけど、んー、蜂蜜よりは濃い色が付くかなぁ。
違いがよく分かりません。

後々調べた結果、砂糖売り場で見かけるライオンマークの缶に入ったものもそれらしく、
緑の缶がゴールデンシロップ、赤い缶がdark treacleみたい。

c0153330_0255670.jpgc0153330_0282052.jpg






http://www.lylesgoldensyrup.com/lylesgoldensyrup/default.htm

まだ残念ながら先に挙げた『黒い砂糖』を、ベーグルを茹でるお湯に入れたことしかありませんが、ゴールデンシロップのHPを見てると、料理とかお菓子とか、いろんなレシピが出ています!!!

ヤバイです。
片っ端から作ってみたい・・・
[PR]
by takaramono5898 | 2008-05-31 00:40 | 食べる

チョコマーブルスティック

クロワッサンに少しでも近づこうと、禁断の『折込パン』に足を踏み入れました。
中がしましま模様になってたり、マーブル模様になってたりする、あれです。

日本では“冷凍チョコシート”なるものが市販されているようですが、こちらでは発見できず、やむなく手作りしました。
主に下の二つを参考に。
レシピ *ココア折込パンシート* by アイマリン
レシピ 折込シート ショコラ風 by deep_blue3155
これがまず一つ目の失敗。
うちには電子レンジがないので鍋で作成したところ、焦げるのを恐れるが故に仕上がりが緩すぎた。
もっと煮詰めるべきでした。

そして実際のパンはこちらを参考に。
レシピ チョコマーブルスティック by ゆきらいん
チョコシートを乗っけて、延ばして折りたたんで、延ばして折りたたんで・・・
を繰り返すのですが、やっぱり今の私にはまだ難しすぎた。
途中で中のチョコレートが今にも出てきそうになって、最後の折り畳みができませんでした。
金太郎飴状に輪切りにする段階では、溶けきったチョコがでろでろに(泣)
ひねりもぐちゃぐちゃで、出来損ないの魔法使いの杖みたいになっちゃった。
おいしかったけど、ちょっとグッタリ。。。
c0153330_2214793.jpg

[PR]
by takaramono5898 | 2008-05-28 22:04 | パンを作る

もちもちきなこあんぱん

きなこはジャパンセンターで発見しました。
1ポンドしなかったので、即購入。

それもこれも、このあんぱんを作るためです!
レシピ もちもちきなこあんぱん by ななえ77
c0153330_23484691.jpg

「そんなにあんぱんばっかり作ってどうするの?」
と温かい声援を受けながら、出来ました。
渾身の一作。

上からもきなこをサワサワとふりかけて。
かじりつくと口の周りも手もきなこだらけ。
でも、中の甘さ控えめつぶあんと絶妙なハーモニーです。

手ごろな大きさでパクパク食べられちゃいますよ~♪
[PR]
by takaramono5898 | 2008-05-25 23:50 | パンを作る

Chelsea flower show

ガーデニングの国、イギリスです。

ロンドンの中心からちょっと西寄りにあるチェルシーという地区では、毎年有名なフラワーショーが開催されます。
その名もチェルシー・フラワー・ショー
人気があるため開催前に前売り券は売り切れてましたが、たまたま寮で夕方からのチケットを売っていたので、一昨日行ってきました。
ちなみに8:00 - 8:00、3:30 - 8:00、5:30 - 8:00のチケットがあり、更に日にちによって値段が異なります。
一番高いのは46ポンド(=10000円弱)。
入場するだけなのに結構高い!
でも、会場近くではダフ屋まで出てたから、人気の程が伺えます。

確かに、夕方だというのに「日曜の竹下通りかよ!」という感じのすごい人でした。
花づくりや造園にかかわるたくさんの会社が趣向を凝らした展示を出しています。
一言で言えば、『営業の場』です。
熱心なところは、社員総出でチラシや名刺を配ってました。
c0153330_18483733.jpg

中にはこんな和風の趣きのところも。
bonsai。
c0153330_1848592.jpg

なんか「菊人形祭り」みたい。
c0153330_18511738.jpg

「イギリス」「バラ」といえば、『キャンディ・キャンディ』を思い出す35歳。
c0153330_18523845.jpg

なんでもアリっすか!?
c0153330_18532815.jpg


驚くべきことに、3年連続ゴールドメダルを受賞したのは日本の会社らしいです。
その前は、一番の人だかりができてました。
c0153330_18542064.jpg

・・・う~む。
コケみたいなマリモみたいなものが縦横無尽に張り巡らされています。
ちょっとアバンギャルド過ぎて、私にはよく分からない。。。

他にも人気がある展示は、一般人かつ日本人の私には解釈不可能な現代芸術系で難しかった。
素朴なイングリッシュガーデンみたいなものを期待して行ったのですが、そういったものはほとんどありませんでした。

でも、イギリス人たちは非常に熱心に見てるし、担当者にいろいろ尋ねてるし、両手いっぱいにあれこれ買ってました。
本当に好きなんだなぁ。
[PR]
by takaramono5898 | 2008-05-24 19:07 | 歩く

あんぱん

先日、近所のスーパーWaitroseでこれを見たときから、決めてました。
c0153330_22161819.jpg

ぎゃー、あずきです!
恐る恐る煮てみたら、本当にあんこになりました。感動。。。
これは、あんぱんを作るしかない!

レシピ あんぱん by SALASA
c0153330_22251849.jpg

参考にしたレシピは「チーズあんクリーム」を使っていますが、まずは正統派ノーマルあんこで。

ちょっと底が厚くなってしまった。
あと、“へそ”の押しが甘かった。
卵白の塗り方も全然だめ。

でも、わが子はかわいい。
中は、あんこがぎ~っしり。
c0153330_2226964.jpg

あんこの甘さを控えめにすることができるのも、手作りならではの良さです。
日本茶にはもちろん、コーヒーにもピッタリ。

はぁぁぁぁ、し・あ・わ・せ。
[PR]
by takaramono5898 | 2008-05-22 22:29 | パンを作る

もちもちベーグル

これです。
ここ4回、私が立て続けに作っているベーグル。
c0153330_2146759.jpg

レシピ もちもちベーグル by junko

毎回、うまく行かなかったことをメモして、次回に違う方法で試してみています。

●打ち粉の種類
成型時にコーンフラワーを使うと、生地同士がくっつくかなくなって失敗。小麦粉にすべし。
しかし、オーブンシートにはコーンフラワーの方が良い。

●ケトリングの方法
一度にすべての生地を入れられる大きさの鍋がない。
二つに分けてみたけど、案外時間差で素早くやる方が美しいかもしれない。

などなど、などなどなど。

今まで5種類以上のレシピを試してみたけど、このレシピがなぜか一番おいしい気がします。
それか、回を重ねることによって上達してきたせいかもしれませんが。

「もちもち」好きな人向きです。

これだけの情熱、仕事に向けてればもっと成果出てたかも。
[PR]
by takaramono5898 | 2008-05-20 23:02 | パンを作る

スーパーの鮭

スーパー「Sainsbury's」の鮭です。
2つ買ったら5.5ポンドというので、もちろん2パック購入。

両方とも260gと書いてあるのに、
こちらは310g。
c0153330_485057.jpg

もう一方は360g。
c0153330_4924100.jpg

パックの重さが10グラムくらいだとしても、表示とぜんぜん違う…

なんかおかしいと思ったんです。
明らかに大きさが違う。
適当に切って入れてるんでしょう。
日本でも適当なのかもしれないけど、それにしても『お国柄』なんじゃないかと思いました。

これからは、この私の両手が天秤となりそうです。
HolbornのSainsbury'sの魚売り場で、あっちとこっち、そっちとこっち…
と、両手で比べてる日本人が出没するでしょう。
[PR]
by takaramono5898 | 2008-05-19 04:10 | 暮らす

リベンジ、ロールパン

基本的にはこちらのレシピで作りました。
うちの塩の味がきついのか、前回はしょっぱく感じたので少し塩を控えました。
レシピ バターロール by SALASA

天板の余熱方法などはこちらを参考に。
レシピ コツがいっぱい! ふんわり♪バターロール by ☆mayumi☆
c0153330_205292.jpg


昨日の真夜中に焼き上がったのですが、粗熱も取れないうちに旦那さんと一つづつ、パクパク食べてしまいました。。。
ふ~~わふわ、ふっかふかで、大成功!!!

今朝、トースターで温めて食べたところ、これまたオイスィ~イ

汗だらだらでもよ~く捏ねたことと、成型に少しだけ慣れてきたことが勝因かな。

ただし、反省点2つ。
①生地がよく膨らんだので、焼き上がりにお互いがくっついた。
 離して並べるべし。
②焼き上がってから網に乗っけるとき、上からつかんだためわき腹を潰してしまった。。。 
 優しく扱うべし。

前回の「レーズンシナモンパン」から今回までの間に、2~3回ほどベーグルを焼きましたが、どうも納得がいかずに写真は撮りませんでした。
旦那さんが捏ねに参加したときが一番良く出来たということは、やはり捏ねる力に問題があるのか???
筋トレ要???
[PR]
by takaramono5898 | 2008-05-18 20:26 | パンを作る

ぐるぐるシナモンレーズンパン

c0153330_17561834.jpg
変わった成型方法にチャレンジ。

生地を平らに伸ばして、シナモンやレーズンを散らして、のり巻のようにくるくる巻いて輪切りにするという方法です。

私がよく作る「ななえ77」さんという方の生地を使って、
レシピ ふわふわ菓子パン生地 by ななえ77
その他の作り方はこちらを参考にしました。
レシピ 初心者でも出来る♪シナモンレーズンパン by cochisa

まな板に水分が残っていたせいか、水分の量を間違えたのか、とにかくべちょべちょで捏ねづらい!
途中で投げ出しそうになりました。

そんな状態の生地だから、丸めてもフンニャリしてしまって、輪切りにしたら失敗した金太郎飴みたいに潰れて、ほんとに最悪。。。

でも、焼き上がりはなんとかパンらしくなりました。

そして、なんと、これを英語学校の同じクラスの料理の先生に食べていただきました。
なんて面の皮が厚い私。
「おいしい」と言ってくださったけど、そりゃ、それ以外、答えようがないでしょうからね(苦笑)

英語もパン作りも、上達への道のりは遠いです。
[PR]
by takaramono5898 | 2008-05-17 18:09 | パンを作る