Londonのたからもの

uktakara.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

AQFFIN

昨年10月、TOMOKOさんに会いに宮崎へ行ったときのこと。
おいすぃ~もも焼き食べたあとに小さな焼酎バーに行き、その日もご機嫌に飲んだくれておりました。
カウンターで隣り合わせになった人たちは、大手通信会社の人々。
みんな会社はバラバラだけどお知り合いで、
「え?○○さんもここに居たんですか?」
みたいな感じで偶然集合した模様。

酔っ払ってたのでよく覚えてませんが、ロンドンに移り住むことを伝えると
「知り合いがロンドンで美容院やってるから、是非行ってみて下さい!」
と、名刺と店の名前とオーナーの名前を書いた紙をくれました。

酒の席のことだもの、きっと忘れていらっしゃるだろう…とそれっきりにしていましたが、どこか心に引っかかっていました。
引っかかりながらも、紹介してくれた方のお名前も、肝心の美容院の名前も忘れてしまっておりました。。。

しかし、日本で髪を切ってから、はや8ヶ月・・・
も~、我慢できん!!!

「カットモデル募集!」や日系の美容院はたくさんありますが、ヘタな人に切ってもらうくらいなら切らない方がマシ。
ひたすらインターネットで評判を調べているうち、見つけました。

思い出しました。

あのとき、宮崎の人が教えてくれたお店、正解は『AQFFIN』でした。

日本人のブログによると評判が良く、mixiで直接のお知り合いという方にお願いして予約までしてもらってしまいました。

Liverpool Streetも近いですが、Aldgate Eastという駅の方がより近い。
中に入ると、あぁ、安心の日本人スタッフ♪
飲み物も出してもらって、シャンプーもしてもらって、あぁ、日本のサービス♪

そして、当のオーナーの方に担当していただき、このなんとも切れそうだったご縁について説明することが出来ました。
大学の時のご友人だそうです。

仕上がりも大満足♪
サッパリ短くしてもらいました。

私のほかに日本人の男性のお客さんが一人いましたが、ほか2~3名はみな金髪の女性でした。
地元の人に愛されるって、スゴイ。
意志を持って頑張っている人に出会うと、何故か私も元気になります。
そして、こういう人のご縁が、私は大好きです。

1年がかりで、義理、果たしました。

c0153330_22523288.jpg
55 Commercial St
London, E1 6BD, United Kingdom
020 72475732‎
[PR]
by takaramono5898 | 2008-09-30 22:55 | 暮らす

Mayor’s Thames Festival (9/13,14)

この土日、とってもいい天気だったにもかかわらず、どこにも出掛けませんでした。
正真正銘の引きこもりな私。。。

しかし、先日9/13はテムズ川のすぐ近くでやっていたMayor’s Thames Festivalなるものに出掛けました。

Waterloo橋を渡ると、人だかりが見えてきました。
c0153330_20563042.jpg

うぇ~、人ごみ嫌いなんですけど~
c0153330_20571848.jpg


テムズ川沿いにズラリと屋台が並んでいました。
Food Festivalといい、このフェスティバルといい、グリニッジに行ったときのマーケットといい、なんだか似た感じ。
っていうか、グリニッジで見たお店が出てる。
・・・日本のテキ屋さんのように、「祭り」と聞いたら黙っちゃいられない人たちが多いのか。

それにしても、この人ごみ、私は無理です。
c0153330_210146.jpg


驚いたのは、14日の日曜の夜でした。
ドンド~ン、ドド~ン!!!
夕食を食べ終わった頃、エライ音が外から聞こえて来ました。
窓を開けると・・・花火だぁ~♪
c0153330_2123785.jpg


そして、旦那さんと一緒にテムズ川岸に走るっ!!!
ツッカケじゃなくてスニーカーの方が走りやすかったと後悔しながら、間に合った~♪
c0153330_213565.jpg

結構立派です。
通りを歩く人は足を止め、Waterloo橋の上はちょっとした人だかり。
みんなが空を見上げているのを見て、少し不思議な気分になりました。
花火といえば「ニッポンの夏」という印象だったけど、ヨーロッパの人もこうして花火を見て、同じように綺麗だと思ってるんだなぁ。
c0153330_2141160.jpg

[PR]
by takaramono5898 | 2008-09-29 21:11 | 暮らす

Tofu

漬物、梅干、味噌、納豆・・・・いつか手作りしてみたいものはいろいろありますが、豆腐もその一つです。

こちらには残念ながらおいしい豆腐がありません。。
少なくとも私は見つけられていません。

中華街や日本食材店、韓国食材店で見かけますが、どこから見ても美味しくなさそう。
バラマーケットの豆腐屋さんのを試食したけど・・・全然だめ!

で、やむを得ずこちらを購入してみました。
c0153330_21434045.jpg


賞味期限が長い、「ロングライフ」といわれるものです。
私はJapan Centreで買いましたが、普通のスーパーにも売ってるかもしれません。

この豆腐、「普通の豆腐と味が全然違う」と本で読んでいました。
・・・が、この我々のB級な味覚には、普通に豆腐です。
さすがに冷奴にはちょっと・・・ですが、麻婆豆腐なんか余裕でクリア。
お味噌汁にも入れちゃってますが、私たち、変でしょうか・・・?

「FIRM」と「SOFT」があって、私は「FIRM」しか使ったことないけど、
「一体どこがFIRM?」
というくらい、普通に「絹ごし」です。
「SOFT」はもっとゆるゆるなのでしょうか。

昨晩のうちのごはんは・・・
Cpicon お肉は一切使いません!!絹豆腐ハンバーグ by CNA
c0153330_21485881.jpg

簡単極まりない。
そして適当に作った照り焼きソースがうまぁぁぁ♪
マヨ系や大根おろしでもいいと思います。
ふ~わふわで、へるすぃ~☆
「つくれぽ」700人はスゴイ!!!
[PR]
by takaramono5898 | 2008-09-28 21:53 | 食べる

魚を仕入れに、市場へ

肉が大好きだから、死ぬ前の最後の食事は『特上カルビで焼肉』がいいくらい好きだから、
意識して魚を食べることを心がけています。
そうしないと、肉ばかり食べてしまうので。

しかしこちらの一般的なスーパーは、
・鮭の切り身
・白いタラみたいな切り身
・黄色い?タラみたいな切り身
くらいしか見かけない。
もういい加減「タラ→鮭→タラ→鮭」のレパートリーも尽きてきた。
っていうか、飽きてきた。
しかし、魚売り場の充実しているスーパーは、引越ししたおかげで遠くなってしまった・・・

ならば、と、バラ・マーケットに行ってきました。
以前の記事 → http://uktakara.exblog.jp/9471653

気が小さいので、一人でお出かけするのは緊張するんです。
っていうか、一人でスーパーのレジに並ぶのも未だに緊張するんです。。。

初めて乗るRV1というルートのバスは、コベントガーデンからロンドン・ブリッジまで、テムズ川沿いの道を20分くらいかけて走ります。

3回目のバラ・マーケット。
勇気を出して、魚屋さんで、買いました~!
c0153330_19273573.jpg

カジキ Sword fishの切り身を二切れと、鯖 Mackerelのちっこいのを一匹。

何が嬉しかったって、
「鯖はありますか?」
が通じたのが嬉しかった。
ケレル、ケレル・・・」
って家で練習してって良かった。

これでしめて10ポンド(=2000円超)。
これ、高いですよね?やっぱり。
バラ・マーケットは高いんだろうなぁ。

でも、こちらは少し安かった。
c0153330_1933385.jpg

ブロッコリー・スプラウトの種です。
2.5ポンドって書いてあるのに、おばちゃんが1.5ポンドでイイって♪

なんでも、スプラウトはガン予防に効果があるとか?
それより何より、好きなだけ作って、必要なときにわしゃわしゃ使えるのが便利です。
私は以前買ったかいわれ大根を、時間差で育ててます。
もやしとか、アルファルファとかいろいろ売ってたので、また買いに行こーっと。

そしてこの日の夕食は、
Cpicon はるこばあちゃんのサバケチャ by モカパパ
c0153330_19355082.jpg

鯖ってあまり得意じゃなかったけど、これは全然臭みを感じませんでした!
骨さえ抜いちゃえば、あとはちょーーー簡単ですよ~
[PR]
by takaramono5898 | 2008-09-27 19:42 | 暮らす

JUNO

先月まで住んでいた寮では週2回、小さな映画室でDVDを無料で見せてくれました。
外国人の学生のために英語の字幕を付けてくれるのですが、それでもさっぱり分からなかった。。。

面白かった作品の一つが『JUNO』です。
どうやら日本では夏に上映していたのかも?
金沢シネモンドあたりでまたやらないかしら?

16歳で妊娠してしまった高校生のジュノ Juno。
初めは中絶しようとするのだけど、思いとどまって、産むことを決意。
里親を探して、父親&義理の母親に告白して、どんどん大きくなってくJunoのおなか・・・

ストーリーを見たときは、ん~、ちょっと重たいんじゃないかと思いました。
・・・が、まったくもって杞憂でした。

主役のエレン・ペイジという女の子、私は初めて見ましたが、とても上手です。
彼女の演じるJunoは、サバサバしてて、芯が強くて、でもやっぱり女の子で、かわいい。
脇を固める人々もガッチリ。
心が温まります。

日本語字幕でもう一度見たい!

サントラも良いぞ!
(当時のビルボードで1位になったという情報も見ました)

機会があれば、是非見てみて欲しい映画です。
c0153330_22233498.jpg

[PR]
by takaramono5898 | 2008-09-26 22:24 | 観る

挑戦、チョココロネほか

仕事を紹介してもらって感激していた昨日。
残念ながら応募もさせてもらえないことが判明し、がーーーっくり↓の今日。

すでに何人も候補者がいるので、更に面接をする必要がないのだそうです。
ということは、今まで候補者を一人も挙げられなかった紹介会社の力量不足なのか?
はたまた、体のいいエクスキューズなのか?

タイミングとか、紹介会社の営業担当者の力とか、人事担当者の好みとか、いろいろなことが相まっているのはよく分かっているのですが・・・・

作ったパンを見て癒されることにします。

Cpicon ふわふわ菓子パン生地 by ななえ77
Cpicon パンフィリングの決定版★チョコクリーム by ハルナツママ
c0153330_23442279.jpg

本来なら載せるのもはばかられる、このブサイクなお姿。
コロネ型なんて素敵なものはもちろんないので、ラップの芯を適当な長さに切って、アルミホイルをかぶせて型を作りました。
捏ねてる段階からかなりべたべたで一苦労だったのですが、一次発酵のあと巻き付ける段階で、生地がプチプチとちぎれて・・・(号泣)
違う生地&違う型でやったほうが良いかも。
でも、中に詰めたクリームは簡単で美味しく出来ました。
あぁ、久しぶりのチョコクリーム・・・・・・・うまい!

Cpicon ふっくらあつあつ☆全粒粉のピタパン by うにいくら
c0153330_23481976.jpg

誰がどう見ても詰めすぎ。
わざと生地を乾燥させて焼くことがポイントだそうで、見事、焼いてる間にぷっくーーーと膨れました。
あまり上手にポケット状にはならなかったけど、焼きたてパンをランチに食べるのは格別です。

Cpicon ふんわり全粒粉ミニテーブルフランスパン by わお2
c0153330_23551840.jpg

1回目に作ったときは何故か上手に出来なかったのでリベンジ。
成型して、ちっこいフランスパン風にしました。
外はパリッ。でも硬すぎず。
中はふわっ。全粒粉で体にも良し。
[PR]
by takaramono5898 | 2008-09-25 00:01 | パンを作る

人材紹介会社へ行ってきました

新居での生活にも慣れてきた今日この頃。
新たに英語学校を探すも、なんとなく決め手に欠け、
習い事でもしようかと思いつつ、何を学ぶか決めかね、
ならばパートタイムで働いてみるかと、紹介会社に登録してみました。

図らずも転職が度重なってしまった私の職業人生。
日本語の職務経歴書は前回の就職活動の際、作りこんでいました。
大問題はそれを英語にしなくてはならないってこと。
簿記3級って、英語でなんて書くんだ!?
インターネットで調べに調べ、コピペ、コピペ。
あとは野となれ山となれ、えいや!と日系の紹介会社に送ってみました。

一つ目。
送信ボタンを押した途端、少々年配の女性担当者より速攻電話あり。
「来年の8月までしか出来ないんですか?
パートタイムじゃないとできないんですか?」
私の事情を説明する暇もないくらい、喋る喋る・・・。
履歴書送信時に質問していた事柄を確認することも出来ず、
「そういうお仕事、なかなかないんですよね~
もしもあれば必ずご連絡しますから」

・・・ですよねぇ。
恐らくこの会社から連絡はないでしょう。

二つ目の会社。
これまた送信ボタンを押すや否や、速攻電話。
怖っ。
担当者「ご応募いただいたお仕事はもう決まってしまったんですけど、登録にいらっしゃいませんか?」
私「えぇ、でも私、パートタイム希望なんです。それでもいいですか?」
担当者「またタイミングよく入るかも知れませんので、登録だけでも」
私「えぇ、でも来年の夏までしか働けないんです・・・。」
担当者「でも、働きたいんですよね!?」
私「え、あ、はい・・・」

徒労に終わるかもしれないと思いつつも、翌日の約束をしてしまいました。
その後先方から送られてきた案内メールは英文。。。
日本人なのに、英文。
もしや登録も英語なのでは!?
軽く、いや、だいぶ後悔・・・・・・・・・

いざ、当日。
久しぶりに地下鉄に乗って、ロンドンの金融街Bankまでやって来ました。
ビルの入口には黒人の受付おじさん。
げ。
当たり前だけどここから英語です。
受付で名前を言うと入館証をくれました。

オフィスに入ると、はぁ、良かった、日本人♪
簡単な登録用紙に住所などを書き、PCテスト20分。
派遣会社に何十社登録したか分からない私、PCテストなんてお手のものさ!
・・・と思っていたら、おいおい、画面の表記が英語だよ。
ExcelもWordも、英語で問題出されてもわかんないよーーーーーー!!!

間違えるは、制限時間内に終わらないわで、惨めな結果に終わる。
とどめは英語の筆記テスト。
その1。
正しいスペル選び5問は合ってると思います。
その2。
文法の間違いを直せっぽい問題は、問題の意味が分かりませんでした。
その3。
「あなたはMr MORIの秘書です。次のメールの文章を読んで、その返信を書きなさい。」
えーーーーーーーーーーーー!
わっかんな~~~い!
・・・撃沈。

ぐったりしたところに、ようやく昨日電話で話した担当者の女性がやって来ました。
経歴の確認と希望条件など、これは日本の紹介会社と変わらず。
いたって気さくな担当者で、私も調子を出して喋ることが出来ました。
そ、そして、なんと!驚くべきことに、その場で2つ仕事を紹介してくれるじゃないですか!
・・・感激♪

面談の最後には簡単な英会話のテストもされ、それももれなくトンチンカンな回答を繰り広げましたが、それでも感激♪

しかし、あまりに感激して、肝心の質問を忘れていました。
私はイギリスに銀行口座を開くのが非常に困難な状況にあるということ・・・
あ゛~、最初に聞いておけばよかったぁぁぁぁ
やっぱり無駄に終わったかも。

生まれ変わったら、もっと勉強します。
来世ではどこに行っても困らないキャリアを積みます。
[PR]
by takaramono5898 | 2008-09-24 06:27 | 働く

新居で作ったパン

イギリスでは転居の際、Inventry Checkというのが行われることがあるそうで、備え付けの家具やカトラリー、汚れや傷の様子まで、ま~ぁ事細かに記されておりました。
間違いがないか、一つ一つ照らし合わせていたところ、Kitchenの項目の中に、
Oven: NOT WORKING
の文字発見。

はぁぁぁぁ???
そのほか、台所のライト二つ、換気扇も「NOT WORKING」と書いてありました。

まぁ、台所に窓はあるし、ほかにもたくさんライトがあるし、いずれも無くても死ぬほど困るわけではない。
OVENは小さいものを買えばよい。

冷静に片づけを進め、ガスレンジの上によじ上ってたまたま備え付けの棚の上の整理をしようとしたところ、棚の上の、埃まみれの壁の端っこにスイッチらしきものを発見。
パチ。
・・・おかげさまで、超おんぼろですが、オーブンもライトも換気扇も動きました。
今では仲良くやってます。

Cpicon 【簡単手ごねパン】ハムチーズオニオン♪ by にっこりママ
c0153330_22364835.jpg

朝ごはんぽいパンは初めてなのですが、これ、ふんわふわ♪
ものすご~く美味しいです!
しかも簡単です!
作ったそばから1つ食べてしまいました。。。

Cpicon イングリッシュマフィン***牛乳パックで型も作っちゃおう*** by パティシエママ
c0153330_22405869.jpg

これ、型も手作りで作るんです。
買えば1つ300円とかするんじゃないかなぁ。
イギリスではもっと高い。
たまにしか使わないんだから、手作りで十分です。
私は厚紙をチョキチョキ切って、アルミホイルで包んで作りました。
コーンミールがどうしても見つからなかったので、コーンフラワーで(汗)
ふんわり、色白さんで、デリケートな柔らかさ♪

Cpicon 胡桃といちじくのパン by マリア358
c0153330_2248020.jpg

ドライフルーツ大好き。
ドライいちじく大好き。
旦那さんは「にゅるにゅるして気持ち悪い」というので、私が独り占めできます。
照りを出すための溶き卵、牛乳に替えてみました。
まったく問題なし。
クルミとドライいちじくの素朴な味わいがたまりません~!!!

・・・つづく
[PR]
by takaramono5898 | 2008-09-22 22:53 | パンを作る

誕生日

誕生日は一年の中でも自分にとって一番大切な日で、なんとなく特別な気持ちになります。

30歳の誕生日は、Gの同期と飲んでた気がする。
31歳の誕生日は、きっと日本のどこかに出張していたんじゃなかろうか。
32歳の誕生日は、恐らく下着屋さんの開店準備をしていた時期でしょう。
33歳の誕生日は、下田に下道で車を走らせ、海を見ながら一人露天風呂。
34歳の誕生日は、普通に仕事して、帰りにデパートで自分への誕生日プレゼントを買おうと思ったのに何も見つからず、デパ地下で美味しいお肉とケーキを買って一人で食べてました。
35歳の誕生日は、ロンドンから東京に戻る飛行機の中で、時差の関係で消えてなくなりました。

9月20日、このたびの36回目は・・・取り立てて特別なことはなく。
朝から、外へ飛び出したくなるようないい天気でした。

昼前からテムズ川で開かれているという『Festival of Food』へ行きました。
場所はSouthbank Centre
主催はSlow Food Londonです。
c0153330_3594912.jpg

くるくる回る豚さん。
なんか、他人事じゃない気がして切ない。
c0153330_401134.jpg

湖水地方の牛さんで作られたという牛肉のハンバーガー。
ソースが2種類あって、私はスパイシーマンゴーソースを塗ってもらいました。
c0153330_3585996.jpg

写真を撮る前に完食したドイツのBratburstという巨大なソーセージのホットドッグを食べ、
とどめは、店のおばさんが砂糖とシナモンをぶわっさーと掛けてくれて、チョコレートをつけて食べるチュロス♪
c0153330_3592717.jpg

これ、んま~い!!!

デパ地下気分であれこれ試食もできたりして、思ったより小さなフェスティバルでしたが、楽しめました。

夜ごはんは、かな~り迷いました。
ドレスコードのあるような由緒正しい伝統的イギリス料理もいいなーと思ったけど、結局、三越の地下レストランで、しゃぶしゃぶ。。。
同じお値段を出せば、日本でもっといいお肉は食べられるのでしょうが、日ごろ薄切り肉が食べられない私にとっては最高の贅沢。
しかも追加のお肉も頼んで、もう、ごまだれのお風呂に浸かりたい。
・・・血液どろどろです。

どこかの本に「人の誕生日にまめに連絡をする人は、人からどう見られてるか気にしてる人」とありましたが、それがどうした。
私は覚えている限り、誰かの誕生日には連絡をしています。
押し付けがましいかもしれないけれど、少なくとも私は「おめでとう」と言ってもらうと、本当に本当に嬉しくて、生まれて来て良かったなぁと思うからなのです。
メールをくれた方、どうもありがとう。
[PR]
by takaramono5898 | 2008-09-22 04:19 | 暮らす

The National Gallery

今さらなんですが、ナショナルギャラリー The National Galleryに行ってきました。
c0153330_0443583.jpg

大英博物館と違って中の写真がNGなのが残念ですが、13世紀~20世紀初期まで、大変多くの絵画が展示されていて、部屋の数は60くらいあるんじゃないでしょうか?
フロア案内のパンフレットによれば、1824年設立、1838年に現在の建物に移転。
トラファルガー広場の敷地はロンドン西部の富裕層とイーストエンドの貧しい人々の両方にとって便利であるという理由から選ばれたのだそうです。

・・・なぁんて、偉そうなこと言っても、絵画についてはまったくもって疎い私。
しかも大半を占める宗教画は、和の心にはなんとなくしっくりこないのです。

私がしっかりと見たのは、ゴッホの『ひまわり』。
c0153330_0573823.jpg


そして大好きなモネの『The Thames below Westminster』。
c0153330_0595470.jpg

モネのロンドンの絵なんて、ちょっと素敵。
絵葉書も購入して、満足して帰りました。

以前、ここのカフェで友人とお茶をしてなかなかいい感じでしたが、隣のセインズベリー棟にあるThe National dining roomsは、何か映画の撮影でも使われたと聞きました。
行ってみたい!
[PR]
by takaramono5898 | 2008-09-20 01:04 | 観る