Londonのたからもの

uktakara.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ヴロツワフ Wroclaw Part1

今年の3月に一緒にパリで食い倒れ&買い物倒れした友人を訪ねて、ポーランドのヴロツワフ Wroclawというところに行ってきました。
ワルシャワより西南にあるポーランド第4の都市で、ロンドンのスタンステッド空港からライアンエアーで約2時間の直行便があります。
前回のパリ旅行に参加できなかったロンドン在住の友人も、今回は無事一緒に行くことが出来ました。

4月27日(金)の夜に到着。
友人宅は、まるでホテルか!?というような広くて美しいお家でした012.gif

翌土曜日はヴロツワフ観光。
まずは地元の人しか来ないような屋外市場へ連れて行ってもらいました。

駐車場のようなところに、テントがギッシリ。
c0153330_613896.jpg

品揃えもディープ。
中古のスニーカーとか、巨大な下着とかがぶら下がっていたりする店も。
c0153330_6132898.jpg

このスパイスは1つ100円くらい。
c0153330_6134813.jpg

ヨーロッパの素晴らしさの一つ、野菜が美味しいところ。
断言します049.gif
不恰好でも味が濃い。
c0153330_614214.jpg

ここのお店のりんごが美味しいとのこと。
c0153330_6145469.jpg

1ズウォチ=30円くらいなので、1㎏60円なり。
安っ!065.gif

近くにあるショッピングアーケードは、友人曰く「御徒町っぽい」004.gif
c0153330_616843.jpg

私はなんとなく、以前行ったエストニアの首都タリンの港近くにあった土産物屋を思い出しました。
欲しいものは何一つないのですが、斬新な(?)デザインの品々を見ていると面白い。
中国/大連のマーケットにも似てるけど、ここはとにかく清潔でした。

 ***

次の屋内マーケットは観光客も来る人気スポットです。
c0153330_6171384.jpg

このお花はすべて造花。
c0153330_6174897.jpg

こちらの人はこういう大きな造花の花輪をお墓に飾るのだそうです。

お菓子の量り売り。
c0153330_6182216.jpg

バターや卵たっぷり♪・・・という感じではないけれど、素朴で美味しい。
そして安い。

お肉屋さんで夕飯の買出し。
c0153330_6185466.jpg

その鮮度に驚きました。
お肉がきれい。
新鮮そのものなんです。
c0153330_6193599.jpg

好みのお肉をおばちゃんがミンチにしてくれます。
c0153330_62039.jpg

よもや豚インフルで世界中が混乱しているとは、このときの我々には知る由もありませんでした・・・。
c0153330_6212970.jpg

 ***

旧市街の中央広場へ。
c0153330_6213793.jpg

こちらは戦争で壊れてしまった町並みを再現した建物。
c0153330_62144100.jpg

一方、隣接するこちらは奇跡的に残った建物を修理した建物。
c0153330_6215248.jpg

パステル調の壁がかわいらしい016.gif

オドラ川のほとりをのんびり散歩して、教会などが集まるという川の中州へ。
c0153330_6315613.jpg

この大聖堂の正式名称は聖ヤン大聖堂かな?
c0153330_622387.jpg

英語名はCathedral of St. John the Baptist???
スミマセン、自信がありません。。。

中は質素。
c0153330_6231433.jpg

ポーランドの人は敬虔なカトリック信者が多く、十字架の方に向かって殆どの人がひざまずいて出入りするのが印象的でした。

5ズウォチ払うと、エレベーターで塔の上まで上ることが出来ます。
素晴らしい眺め。
c0153330_6233919.jpg

真ん中にそっくりな建物が二つ建っていますが、その奥に見えているドーム状の建物が世界遺産の百周年記念ホールです。
c0153330_624350.jpg


ロンドンよりも暖かい、ヴロツワフの春。
c0153330_6251569.jpg

本当に天気のいい一日でした058.gif

つづく
[PR]
by takaramono5898 | 2009-04-30 06:33 |   └ ポーランド

鮭とポロ葱のパイ包み

先日のローストチキンの日、キッシュ用に冷蔵パイシートを買ったつもりが、まったくもって違うものを購入してしまいました008.gif
c0153330_21255067.jpg

フィロ・ペストリー Fillo Pastry。テスコで1.99ポンドなり。

「pastry」に使うんだから大丈夫だろうと思ったら、開けてビックリ005.gif
巨大な餃子の皮が・・・・・・・
c0153330_213015100.jpg

キッシュは慌てて自分で生地を作って事なきを得ましたが、困ったのは14枚も入っている「お化け餃子の皮」の使い道です。

相談したおどさんに教えてもらった鮭とポロ葱のパイ包みはチーズたっぷりでちょ~美味しそう016.gif
それとそっくりなレシピをBBC版「今日の料理」、Good Foodのサイトで発見したので、今回はそちらを作ってみました。
(おどさん、FilloじゃなくてFiloで検索したらいっぱい出てきました!)
Salmon & leek parcels

欧米の料理の特徴だと思うのですが、とにかくバターの量がハンパじゃない。
上のレシピだと、葱を炒めるのにもバターが必要。
さらにフィロを重ねるときにも、
「間にバターを塗れ」
とありましたが、そんなにバターをたくさん使うなんてちょっと無理っす・・・
葱はレンジでチンして省略、フィロの間はオイルスプレーでサラダオイルを薄く吹き付ける程度にしました。

ちょっとアレンジした作り方は次の通りです。

1.オーブンを180度に予熱する。

2.ポロ葱2本は1cmくらいの小口切りにし、レンジで軽く加熱する。
クレーム・フレーシュ(orサワークリーム)50gを混ぜ、塩こしょうで調味して冷ます。
葱は緑色の部分も使いました。

3.生鮭2切れは塩・こしょうを振り10分程度置く。水気を拭いて、ごく薄く油を引いたフライパンで表面に焼き色をつける。
中まで完全に火が通らなくても大丈夫。

4.フィロ・ペストリー4枚の長い辺を半分に切り、2人分にする。
1枚の上に油(or溶かしバター)を塗る。
その上にもう1枚を重ねる→油を塗る→重ねる・・・を4枚分繰り返す。
同じものをもう1セット作る。

破れてても重ねちゃうから大丈夫。
作業の途中、待ってるフィロはぬれ布巾をかぶせて乾燥させないように!

5.4の上に3の鮭を乗せ、2の葱を上からかけ、フィロの端と端をつまんで閉じる。
表面にも油を塗り、オーブンシートの上に乗せる。


6.オーブンで20~25分焼く。

 ***

今回、もう一つ初めて使った食材がクレーム・フレーシュ Creme Fraichec0153330_21323371.jpg
c0153330_2132405.jpg









サワークリームに近いもので、フランス、オランダ、スカンジナビアの国々の伝統的な食べ物なんだそうです。
30%くらいの脂肪分、サワークリームほど酸味がありません。
そのままフルーツにかけたり、スープに入れたり、いろいろな使い道があるんですって。

開けると、生クリームよりは硬い。
c0153330_21325060.jpg

確かに、サワークリームの甘いバージョンかも。

 ***

さて、完成したものは・・・・・・
c0153330_21384648.jpg

スミマセン、大きく載せるほど立派なものが出来ませんでした040.gif
油分が足りないのか、頭部だけ焼き色が濃くなってしまいました。

・・・でも、美味しい。
なんでこんなに簡単なのに、美味しいんだろう。
こちらの鮭が美味しいからかも?
サクサクのパイの食感とトロトロの葱クリームにちょうどいい塩加減の鮭。。。

日本ではフィロ・ペストリーは手に入りにくいようなので、思い切って春巻きの皮で作るというのはどうかと考えました。
春巻きの皮の方がシットリして弾力があるけど、その分包みやすいかも???

中に入れる具も何でもいいと思います。
レシピによってはお菓子に使っているものもあります。
残る10枚は冷凍してあるので、いろいろトライしてみます。027.gif
[PR]
by takaramono5898 | 2009-04-24 21:59 | 食べる

バゲット・フリュイ

「少しのイーストでゆっくり発酵パン」から、今回はバゲット・フリュイを焼いてみました。

それにしても、何故だろう・・・・・008.gif

「友人との待ち合せ時間に間に合わない!」
と2次発酵を10分短縮したのが功を奏したのか・・・・・・

ガス抜きも普通にしてしまったし(←フランスパンの場合はあまり強くガス抜きすると気泡ができない)
クープも相変わらず「ためらい傷」のようだったし(←スパッと切れないとクープが開かない)
2次発酵のパンマットに打ち粉をするのを忘れてしまったにもかかわらず。

今までで一番上手に焼けました024.gif
c0153330_18121563.jpg

中にはクランベリー、レーズン、ピスタチオを入れました。
c0153330_1816323.jpg

あぁ、なんと愛しい気泡たち。
ドライフルーツの甘さとピスタチオのしょっぱさが、絶妙なハ~モニ~060.gif
何も付けずに食べてもよし、クリームチーズを付けてもよし043.gif

ドライフルーツが「むにゅむにゅして気持ち悪い」という旦那さん。
「僕は何も入っていない、真っ白い食パンが一番好き・・・」
と哀しそうに見てたので、はい、次は真っ白いのを作ります045.gif
[PR]
by takaramono5898 | 2009-04-22 18:33 | パンを作る

シルヴィア Sylvia

本当に、一体どうしたんでしょう、旦那さん。
先日の『白鳥の湖の』あと、すぐさま別のバレエのチケットを取っていました。
今回もStall席の50ポンドの席を、15ポンドで手に入れちゃうところ、旦那さんは本当にしっかり者です。

レオ・ドリーブ作曲『シルヴィア』。
・・・知らないなぁ026.gif

Wikiで予めストーリーを調べると、オリオンやらディアナやらエロスやらの名前が出てきて、
どうやらギリシャ神話が舞台のようです。
チャイコフスキーをして、
「もし私がもっと早くこの作品を知っていたら、私は『白鳥の湖を』作曲しなかっただろう」
と言わしめた名作だとか。

場所は先日と同じ、うちから激近のコロシアム劇場 London Coliseum
c0153330_2218298.jpg

演じるのはイギリスで3本の指に入ると言われる英国バーミンガム・ロイヤルバレエ団 Birmingham Royal Balletです。

当日のキャストは次の通り。
Sylvia: Natasha Oughtred
Amynta: César Morales
Eros: Christopher Larsen
Diana: Gaylene Cummerfield
Orion: Matthew Lawrence


佐久間奈緒さんというプリンシパルをはじめ、
ファーストソリストやソリストにも日本人の名前がありましたが、
残念ながら私たちの見た回には出演されていませんでした。

 ***

劇場内は、前回の『白鳥の湖』にも増してフランクな印象。
きちんとおめかししている人もいるけど、Tシャツいっちょのおじさんもいました。

舞台が始まると、
「あれ???私、wikiで間違えたページ読んでたかな?????」008.gif
ってくらい、様子が違う。

現代版にアレンジされているようでした。
「坊主頭のオカマちゃん二人組」の踊りでは、会場から笑いが漏れるくらいコミカル。
シルヴィアとアミンタの中を取りもつ神エロスはステッキを持った白髪の老紳士として登場しました。

シルビア役の方は手足が長くて女性らしくて柔らかくて、キレイだった~016.gif
男性陣はとりわけ筋肉隆々066.gifの人が多かったように思います。

な~るほど、こういうバレエもあるものなんですね027.gif

 ***

それにしても、日本人が世界中で活躍していることに改めて驚きます。
私は日本以外で暮らそうと思ったことが一度もありませんでした。

ふと、『住めば地球』というテレビ番組を思い出しました。
1989年4月~1991年3月まで日曜の朝、テレ朝で放送されていた地味~な30分番組。
ジョン・カビラのナレーションも楽しく、海外で活躍する日本人の姿が実に活き活きとレポートされていました。
毎回欠かさず見ていたけど、それでも世界に出て行きたいとは考えなかった。
考える前から「自分には無理だ」と思っていました。

がんばるニッポンジンたち、眩しいなぁ012.gif
[PR]
by takaramono5898 | 2009-04-20 22:33 | 観る

少しのイーストでゆっくり発酵パン

ここのところ、もっぱらこちらの本のパンを焼いています。

少しのイーストでゆっくり発酵パン—こんな方法があったんだ。おいしさ再発見!

高橋 雅子 / PARCO出版


AMAZONのレビュー件数の多さと評価の高さを見て買いました。

この作者の高橋雅子さんはずーっと前からとても人気がある方のようです。
成城学園前にあるパン教室「ワインのある12ヶ月」は、2009年度は既に定員いっぱいらしい。
最近は代々木八幡にベーグルのお店「tecona bagel works」をオープンされました。
オレンジページのHPでは4月のお料理e-Lesson「初めてのパン&ピザ」を連載。
cuocaでは月1回ですがブログも公開されています。

商売が成功するかどうかって、どこに違いがあるのだろう・・・・・・・027.gif

 ***

この本の特徴は、その名のとおり、少しのイーストでゆっくり発酵させること
まんまです。

私がいつも使っていたドライイーストの1/4の量。
発酵時間は倍以上、レシピによっては一晩かけて冷蔵庫の野菜室で発酵させるものもあります。

パンに生活を合わせるほどでもないので、私はあまり厳密に守ってはいません。
時間がなければ暖かいところで発酵させて時間を短縮するし、
なにせ涼しいロンドンなので、台所で放置して、発酵が進みすぎたら冷蔵庫に入れて待っててもらったりしています。

個人的には、作り方は少し難しいと感じました。
作業の一つ一つに写真が付いているわけではないので、
私が一番初めにこの本を見て作っていたら、きっと挫折していたと思います。
(レビューの中には、初めてで上手に出来たという方もいらっしゃいました015.gif
また、「暑い時期は」「寒い時期は」など相対的な表現で書かれているのも分かりづらい。

しかししかし。
そんな残念さを差し引いても、余りある魅力がこの本にはあります。

材料も作り方も、シンプル。
血相変えて叩いたりひっぱいたりしなくてOK。
「ゆっくり発酵させることで熟成されてしっとりとした風味の良い生地になる」とのこと。
確かに、そんな気がします。
焼きたてのときのイースト臭は絶対に少ないです。

何度目かのリュスティック。
c0153330_2227855.jpg

それらしくなってきました。

しかし、恐る恐る作ったバゲットは・・・
c0153330_2233461.jpg

病気のツチノコみたいになってしまいました007.gif

気泡もまだまだ。
c0153330_22303939.jpg

いつか上手に焼けるようになりますように・・・・・・・・・・012.gif
[PR]
by takaramono5898 | 2009-04-18 22:49 | パンを作る

リアル・フード・マーケット Real Food Market @コベント・ガーデン

我が家の最寄り駅、コベント・ガーデン Covent Garden
平日でも観光客で大賑わいなのですが、日本人の姿を見かけるのはキャス・キッドソンのお店くらいで。

日本人にはあんまり知られていないのか。
はたまた、限られた旅行日程の中では、なかなか足を運ぶことができないのか。
それとも、あまりにヨーロッパの観光客が多すぎて、私が日本人に気づかないだけなのか。。。

コベント・ガーデン、強くオススメします024.gif
それほど広くないエリアに、有名どころからディープ&マニアなところまで、お店がギッシリ。
私としては、下北沢や自由が丘に匹敵するくらい、お散歩するのに楽しい町なのです。

 ***

そのコベント・ガーデンにて、一昨年、昨年に引き続き、フードマーケットが開かれるという情報を入手しました。
その名もReal Food Market
4月16日から9月24日まで、毎週木曜日の12時から夜まで開催されます。

食べるために生きている私。
近くにファーマーズマーケットなどがないので、これは嬉しい053.gif

早速、初日の昨日、行ってきました!
マーケットの東側の広場、ロイヤル・オペラ・ハウス側です。
c0153330_1972727.jpg

んんん・・・・・・026.gif
想像してたよりは、ちょっと地味。
昨年8月のナイト・マーケットと勘違いしてました012.gif
あちらは飲食の屋台が立ち並んでいましたが、こちらは食材のお店が中心のようです。
でも、完全にデパ地下状態053.gif

Arabica Food & Spices
c0153330_1975551.jpg

バラ・マーケット Borough Marketやデパートのセルフリッジ Selfridgesにも出店しているお店だそうです。
中近東系のスパイスや前菜などを扱ってるみたい。

奥のニールズ・ヤード・デイリー Neal's Yard Dairyは、コベント・ガーデンに路面店もあるチーズ屋さん。
c0153330_1983471.jpg

通りすがりお客さんに試食のチーズを差し出してくれるので、タイミングを見計らって近づくべし。

このほか、こだわりの鶏肉を扱うS.J. frederick & Sonsの店頭では、柔らかジューシーな鶏肉が食べられました037.gif
ボリュームたっぷりのハンバーガーを食べられるお店もあったし、
シーフードが並ぶお店ではホタテジュージューと焼く匂いが!

・・・あぁぁぁ、たまらん!
絶対に、ランチを食べに来ます034.gif
[PR]
by takaramono5898 | 2009-04-17 19:16 |   └ コベントガーデン

たまねぎシロップ Onion syrup

2-3日前、旦那さんが、
「なんだか、喉が痛い」025.gif
と。

ぬゎにぃ!?013.gif
大変だ!

早速、ニールズヤードのハーブ講座で教えてもらったとっておきのワザを披露しなくては。

まず、夜寝る前にセージとタイムのうがい薬
これ、授業中の作り方の説明がよく聞き取れなかったのですが、手元にある本などを参考に、
ハーブティーを作って、冷まして、ガラガラガラ・・・019.gif
のつもりだったのですが、冷ます時間がなかったのでとりあえず普通に飲んでもらいました。

・・・が!
のちに手元の資料を見たら、
「ぬるくしたハーブティーでうがいをする。
喉が既に痛いようであれば、小さじ1の塩を加える。
使用後は吐き出す。


あれ、飲んじゃだめだった!!!008.gif

翌朝。
調子はどうかと尋ねると、
「ん、少しマシみたい」043.gif

よし。
ここは畳み掛けるようにもう一つ風邪対策!
玉ねぎのシロップを作ってみました。

熱湯消毒したジャム瓶に、5ミリくらいの厚さに横に薄切りにした玉ねぎと砂糖で層を作ります。
砂糖は出来る限り精製されていないものを。
砂糖→玉ねぎ→砂糖→玉ねぎ→砂糖→玉ねぎ・・・・・・・最後は砂糖。
c0153330_19242883.jpg


1時間後。
c0153330_1924565.jpg

おぉぉぉぉぉ、授業でやったのと同じ。
玉ねぎの汁が出てきました。
ときどき瓶を振り、そのまま一晩置きます。
私は念のため冷蔵庫に入れておきました。

できた!
c0153330_19252334.jpg

えーっと、これは何に効くんだっけ・・・・・と調べたところ、
「抗菌作用があります。子どもの咳に。

わわわわ005.gif
子ども用、しかも咳を和らげるものだった!

えー、ちょっと、旦那さん、咳は・・・まだ出てませんね。
ちょっと先走りすぎました。037.gif

ネットで調べたところ、日本でも玉ねぎは咳止めにいいとされているようです。

Cpicon ウチの副作用無し咳止め&安眠方法☆玉ねぎ by Spain

Cpicon 玉ねぎの風邪予防お薬 by spainの娘

風邪をひくと、咳が苦しくて眠れないときがあります。
布団に入ると体が温まって余計咳き込んだりして・・・
玉ねぎも砂糖も大抵家にあるので、今度そうなったら試してみます。

間違いだらけでしたが、旦那さんの風邪がひどくならなくて良かった042.gif
[PR]
by takaramono5898 | 2009-04-16 19:35 | 癒される

ラッセル・スクエア Russell Square で植物観察

ここのところど~んより057.gifとしたロンドンらしい天気が続いていましたが、昨日のイースター・マンデー、ちょっぴり晴れ間がのぞきました058.gif

ここぞとばかり、お散歩がてら少し離れたスーパーWaitroseへ。
帰りは遠回りして、久しぶりにラッセル・スクエア Russell Squareに寄りました。
昨年9月まではこの近くに住んでいたのですが、引っ越して&冬が来て、すっかり足が遠のいていました。

決して広い公園ではありませんが、建物の間にこうした広場があると、気持ちも晴れ晴れします。
c0153330_2352920.jpg

芝生が緑の見本みたいな色をしています。

少し歩くと、、、わぁ053.gif
c0153330_2392764.jpg

桜みたいだけど、これがアーモンドの木なのでしょうか?
だとすれば、カリフォルニアに遅れること、実に2ヶ月・・・

目を奪われて近づいていこうとしたらふぁさふぁさふぁさっ
c0153330_2375230.jpg

リスがなにやら物色中。
c0153330_2384716.jpg

ときどきこうして出てくるのだけど、普段はいったいどこで生活しているのかな。
ふさふさの尻尾に触ってみたい016.gif

そういえば先週のハーブの講座で、
「ロンドンの道端でもいろいろなハーブが生えてる」
と聞いたのを思い出しました。

レモンバームとかミントみたいな葉っぱの形だけど、違う。
何だろう?
c0153330_2313265.jpg


これは、限りなくローズマリーに似てるけど、どうなんだろう?
c0153330_23134593.jpg

葉っぱを触ったらすごくいい匂いがしました。

これは???
c0153330_23145191.jpg

小さな花の色がとてもシック。

今まで散歩をしてても、こんなにしみじみ道端の草花を眺めたことはありませんでした。
確かに、いろんな植物を見ることができます。
先生はテムズ川沿いにもたくさんハーブが見つかるとおっしゃってました。
・・・ヤバイ、36歳にして植物図鑑が欲しい032.gif

この公園、大英博物館からラッセル・スクエアの駅までの間にあります。
カフェもあるので、これからの季節、ちょっとしたお散歩にオススメです001.gif
[PR]
by takaramono5898 | 2009-04-14 23:25 | 歩く

白鳥の湖 Swan Lake

先月末、アメリカン・バレエ・シアター American Ballet Theatre による『白鳥の湖』を見てきました。

どうしたんでしょう、うちの旦那さん。
毎日毎日、フリーペーパーのメトロ METROをネットでしみじみチェックしてると思ったら、
バレエやミュージカルの割引クーポンが載ってるかどうかを探してたそうなのです。
今回のチケットも半額で購入。
しっかりしてるなぁ027.gif

同じ頃、英国王立ロイヤル・バレエ団も『白鳥の湖』を上演していたそうですが、そちらはちょっと高くて、しかも殆どチケットが残っていなかったそうです。

アメリカン・バレエ・シアターはニューヨークを拠点にしている世界的なバレエシアターとのこと。
日本人では加治屋百合子さんという方がソリストとして活躍されていると他のブログで読みました。

私にとってはそのロイヤル・バレエの『眠れる森の美女』を見て以来、2回目のバレエ観劇。

でも会場のコロシアム劇場 London Coliseum があまりに家から近いので、(徒歩10分かかりません)
「ジーンズで行ってもいいっすか?」
と尋ねたらさすがに旦那さんに怪訝な顔をされました。
c0153330_19352634.jpg

しぶしぶスカートをはいて出かけると、劇場前で日本人女性から声を掛けられました。
事情を伺うと、小さな女の子たち二人だけの入場を認めてもらえず、付き添いとして一緒に入ってもらえないかとのこと。
当の本人たちは10歳前後の子と幼稚園くらいかな?
女性はまだ小さな子を抱え(←2歳なのだそう)、傍らには小さな男の子もいました。

ななななんと、4人の幼い子たちを持つお母様!
小さな子たちだけでバレエを見ようとしていたというのもビックリでした。

一緒に入場するくらいお安い御用。
「バレエ好きなの?」
と上の子に訊くと、
「うん!習ってるの043.gif
と、目をキラキラ072.gif

下の子はふにゃふにゃしたり、踊ってみたり、ごきげんです。
それをたしなめるお姉さん。
まぁ、かわいらしい053.gif

肝心の舞台なのですが、いつもとおり、良し悪しはよく分かりません。
ソロたちがかわるがわる踊る場面は、なんだか長い感じがして、
「ふゎぁぁぁぁぁぁ」と・・・014.gif
・・・私、あの少女たちよりも全然なってない。
c0153330_19405891.jpg

初めて知ったのですが、同じ『白鳥の湖』でも、演出によって振り付けや結末までも変わってしまうんですね。
今回は、哀しい終わり方でした・・・007.gif

どんなものでもライブの臨場感というのは大好きです。
世界でも屈指のバレエ団が演じる白鳥の湖だもの、見る人が見れば素晴らしい舞台だったに違いない。

でも、私にとってはあの少女の瞳のキラキラ072.gifの方が、ずっと印象に残りました。
舞台が終わったあと、下の子は寝起きでむにゃむにゃしてたけど、
上の子は「楽しかった!」オーラを体中から発してました。
こんな小さな頃から、「どうしても」とお願いして見に来るくらい、大好きなことがあるなんて。
素直に、羨ましい012.gif
[PR]
by takaramono5898 | 2009-04-13 19:46 | 観る

イースターのパン☆ホットクロスバン hot cross bun

イースターホリデー真っ只中のロンドンです。

ワタクシたち「お祭り好きの日本人」とはいえ、まだまだイースター(復活祭)には馴染みがないように思われます。
少なくとも、私はまったくもって馴染んでいないので、wikiさんで調べました。
復活祭(ふっかつさい)はキリスト教の典礼暦における最も重要な祝い日で、十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目によみがえったことを記念する。「復活の主日」、あるいは英語で「イースター」とも言われる。復活祭は基本的に「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われるため、年によって日付が変わる移動祝日である。2009年の復活祭は西方教会では4月12日、東方教会では4月19日。

太陰暦をもとに日付が決まるので、毎年日付が変わるんだそうです。
ややこしいなぁ。015.gif

そのイースターの2日前の金曜日はGood Friday(聖金曜日)。
「受難日」「受苦日」などと呼ばれ、キリストが処刑されたといわれる日です。

イギリスでは昔からこのGood Fridayにホットクロスバン Hot cross bunという白い十字で飾ったパンを食べる習慣があったそうです。
今ではスーパーに一年中置いてありますが、日本における「正月前の餅」のごとく、イースター前は店頭の目立つところに陳列されてました。

作ってみました053.gif
c0153330_19115277.jpg

・・・。
これでも一番べっぴんな子たちを並べたのですが・・・ブサイク。
言い訳をすると、成型までは順調でした。
焼く直前、白い十字架を描く段階になって惨事に発展しました007.gif

ちなみに、参考にしたのはこちらの本。

The Bread Book: The Definitive Guide to Making Bread by Hand or Machine

Sara Lewis / Hamlyn


この本は「白い十字架をパイピングで搾り出す」方式を取っていますが、私は絞り袋が大の苦手です026.gif
他のレシピでは、もう少し硬い生地で粘土細工のように貼り付ける作り方もありました。
次はそちらにしてみよう・・・。

「灰の木曜日から聖土曜日までに食べるパンは、乳製品を使ってはいけない」と読んだことがありますが、これは思い切りバターや卵や牛乳が入ってます。
でも、そのおかげでふわふわ016.gif

上下にスライスしてトーストする写真をよく見かけたので、真似してみました。
c0153330_19251241.jpg

表面はカリっと、中はふわふわ

レシピによっては、レーズンの代わりにブラックカレントなどのドライフルーツを入れているものもあります。

私の使ったレシピではシナモン、ナツメグ、オールスパイス、ジンジャーが入っています。
(オールスパイスはなかったので省略、ジンジャーは粉がないので生姜の絞り汁を少々添加)
なんともエキゾチックな香り010.gif

レーズンがあまり好きでない旦那さんからは、
「温かくておいしい」004.gif
と苦肉の策のほめ言葉をいただきましたが、シナモン&レーズンファンにはオススメの一品です。
[PR]
by takaramono5898 | 2009-04-12 19:42 | 食べる